食べていないのに痩せない人は無理なダイエットのやりすぎ!?その理由をトレーナーが解説!

 

「食べていないのに痩せない!」なんて経験をしたことある人も多いのではないでしょうか。

食事量を少なくしているのに、痩せないから気持ちが萎えてしまって途中でダイエットをリタイアしてしまう、、、なんて話もよく聞きます。

 

食べていないのに痩せないという人は、その食べていないということが問題だったりします。

痩せようと思ったら、食べないことよりも「何をどうやって食べるか」の方が大切なんです。

 

今回は、そんな「痩せるために食べる方法」についてパーソナルジムに所属しているプロのトレーナーが解説します。

 

食べていないのに痩せないのには理由がある

 

食べていないのに痩せないのは、身体に必要な栄養素が足りていないのが原因です。痩せるため、というか日々の生活のためには必要な栄養素をしっかりと摂取することが大事なのです。

 

必要な栄養素を摂取できないくらいの食事制限を行なってしまうことにより、基礎代謝が落ちてしまい痩せにくい身体を作る原因になります。

 

この「基礎代謝」は、痩せやすい身体・太りにくい身体を作るのにかなり重要になってきます。

基礎代謝が高いほど日々の生活の中で消費されるエネルギーが多く、消費されるエネルギーが多ければ摂取したカロリーが脂肪に変わりにくいため、ダイエットではかなり気をつけたいポイントです。

 

逆に、基礎代謝が低くなってしまうと消費されるエネルギーが少なくなるため、痩せにくくなってしまうので気をつけましょう。

 

①基礎代謝が落ちて省エネモードになってしまう

 

極端な食事制限を行ってしまい、栄養が摂取できていない状況が続いてしまうことによって、身体が少ないエネルギーで生きていこうとするため「省エネモード」に入ってしまって基礎代謝が落ちます。

そうすると、食事を制限しても、その分カロリーを消費しないようになってしまっているので痩せなくなってしまいます。

 

また、消費カロリーが減っているので、食事制限をやめた時にカロリーオーバーになりやすく、リバウンドの原因に繋がったりもします。

 

下記の記事で基礎代謝について詳しく解説しているので、基礎代謝について知りたい人は参考にしてください。

痩せるためには基礎代謝を理解してダイエットをしよう!太らない体を作るコツを現役トレーナーが解説します。

 

②栄養が不足して筋肉が分解される

 

極端な食事制限によって栄養が不足すると、筋肉を分解して栄養に変えようとするため、筋肉の減少に繋がります。

筋肉が減ってしまうとどういうことが起きるのかというと、先述した「基礎代謝」が減少してしまいます。

 

基礎代謝量と筋肉量の関わりは大きく、筋肉が減ってしまうだけで消費カロリーも減ってしまって、痩せにくい身体になってしまいます。

ダイエットをする時にトレーニングをするのは、活動量を増やす目的もありますが、1番の目的としては筋肉を守るという目的があります。

 

極端な食事制限をすると、筋肉の材料になるたんぱく質、エネルギー源となる炭水化物などの必須栄養素が不足してしまうので筋肉が減少する原因になるので、しっかり食べてしっかり栄養を摂ってダイエットをすることが大切になってくるのです。

 

下記の記事で、栄養素について細かく紹介しているのでぜひ参考にしてください。

ビタミン・ミネラルで痩せやすい体を作れる?!ダイエットに必須の栄養素をトレーナーが紹介します!

 

ダイエットをする際は考えて食事をするようにしよう

 

ダイエットを成功させて痩せるためには、極端な食事制限をやめて「何をどう食べるか」を考えることが大切になってきます。

 

三大栄養素である「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」のバランスを考えて、しっかりと食べることがダイエット成功への近道になります。

 

①炭水化物を恐れずに食べる

 

炭水化物は活動のエネルギーを生み出す大切な栄養素です。先述した通り、炭水化物が不足することによってエネルギーが不足し、筋肉が分解されることによって痩せにくい身体になっていきます。

それを避けるためにも、炭水化物はしっかり食べるようにしましょう。

 

とはいえ、食べすぎると太ってしまう危険もあります。

なので、毎食茶碗1杯分など、多すぎず少なすぎずの量を3食しっかり食べるようにしましょう。

 

また、炭水化物と一緒に食物繊維を摂るのも有効です。

食物繊維には、糖の吸収を遅らせ血糖値の上昇を緩やかにする働きがあるため、炭水化物で太る現象を抑えてくれます。

 

②たんぱく質を積極的に摂る

 

たんぱく質は筋肉の材料になるので、基礎代謝を上げて痩せやすい身体を作ったり、綺麗なボディラインを作る手助けをしてくれます。

 

それに加えて、他の「炭水化物」「脂質」と比べると太りにくい栄養素になるので、積極的にたんぱく質を摂ることによってダイエット中でも満足いく食事量を食べられ、食事制限によるストレスを和らげることができます。

 

③脂質はほどほどに

 

たんぱく質とは反対に、脂質は脂肪に変わりやすく太りやすい栄養素になります。

たんぱく質を摂取する際には、脂質が多くなりがちなので気をつけるようにしたいですね。

 

とはいえ、脂質を全く摂らないと肌が荒れたりなど、健康を害する危険性もあるので、ある程度は摂取したいです。

朝と昼は脂質を気にせず食事をして、夜はしっかり控えるなどの工夫をすると調整しやすいです。

 

まとめ

 

よくネットの情報を鵜呑みにして、極端な食事制限をする人が居ますが、絶対にやめてください。

一時的には体重が落ちるかもしれませんが、リバウンドしやすいですし、基礎代謝が落ちて太りやすい身体になってしまい、今後のボディメイクが難しくなってしまいます。

 

それだけでなく、単純に身体の健康面を考えてもあまり良い食事とは言えないので、絶対にオススメしません。

ダイエットをするときは、しっかり食べて健康的に痩せていくようにしましょう。その方が綺麗な身体になれますよ!


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。