筋肉痛が来ないトレーニングに効果はない?筋肉痛に関する正しい知識をトレーナーが解説!

 

筋肉を付けたい人、ダイエットをしている人、健康維持・促進をしたい人、今や様々な人がトレーニングをする時代になりました。

 

日常的に筋トレをしていると、最初の頃はよく来ていた筋肉痛がなかなか来なくなったことはありませんか?筋肉痛が来ないとトレーニングをやった気がしないし、効果も無いように思えて不安ですよね。

 

今回は、そんな筋肉痛についてパーソナルジムに所属している現役トレーナーが解説します。

 

トレーニングと筋肉痛の関係性

 

いきなりですが、実は「筋肉痛」が起きる原因というのはハッキリとは解明されていません。

 

初心者の人がトレーニングをすると必ず来る筋肉痛のメカニズムが解明されていないって驚きですよね(笑)

とは言え、大まかな原因については目星がついています。

 

筋繊維が損傷することによって痛みが来る

 

筋肉は「筋繊維」という細胞によって構成されています。この「筋繊維」が損傷してしまうことによって筋肉痛が起きているのでは無いかと考えられています。

 

トレーニングなどの運動を行うと、筋繊維が刺激されます。その刺激が、いつもより激しい運動だったり、長時間の運動だったりすると筋繊維が損傷してしまいます。

 

こうして損傷した筋繊維を回復させるために、運動した部位の筋肉に損傷を回復させるための様々な副産物物質を放出します。その物質が痛覚を刺激して、痛みを感じると考えられています。

 

筋肉痛が来なくてもトレーニングの効果はあるのか?

 

筋肉痛が来なくてもトレーニングの効果はある

 

筋肉痛は、筋肉にしっかり刺激を入れられたかどうかを判断する良い指標にはなります。

ですが、筋肉痛が来ていないからといって、トレーニングの効果が無いということにはなりません。

 

トレーニング始めたての頃は、激しい筋肉痛が来ていたかと思います。ですが、2回目3回目と回数を重ねるごとに筋肉痛が弱くなってきませんでしたか?

 

人間は何事にも慣れて適応していくので、筋肉も運動の負荷に慣れて徐々に筋肉痛が来なくなってきます。

なので、トレーニングに慣れていない初心者の頃は筋肉痛が起きやすいんですね。

 

どうしても筋肉痛になりたいという方は、今扱っている重量や回数を変えることによって運動の負荷を上げることにより筋肉痛を起こすことはできます。

 

ですが、覚えておいて欲しいのは、トレーニングで大切なのは「筋肉痛」よりも「適切な負荷」であるということです。自分がトレーニングをする目的をよく考えて、その目的に合った適切な負荷でトレーニングを行うようにしましょう。

 

筋肉痛が来たらしっかりと休む

 

トレーニングの効果を少しでも早く出すために、毎日トレーニングをしている人をよく見ます。真剣にボディメイクに取り組んでいる人に多い傾向です。

 

先ほどから言っていますが、トレーニングを行うと筋肉を構成している筋繊維が破壊されます。こうして破壊された筋繊維が回復していく過程で筋肉が成長します。

 

ですが、この回復には時間がかかります。回復にかかる時間は48〜72時間必要といわれています。この時間を「超回復」と言い、筋肉を成長させるのに重要な現象になります。

 

超回復期間に筋肉は回復と成長をしているため、このタイミングでのトレーニングは。筋繊維の回復を邪魔しつつ更に筋繊維を傷つけてしまい、筋肉が思うように発達しなかったり、回復の邪魔をしてしまったりと逆効果になってしまいます。

 

トレーニングのやりすぎも良く無いので、筋肉痛になった部位のトレーニングはしっかり休むようにしましょう。

 

トレーニングの休息については下記の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

毎日トレーニングorトレーニングしない日を作るのはどちらが効率良く鍛えられるのかトレーナーがお教えします!

 

まとめ

 

意外と知らない筋肉痛のメカニズムについてご紹介しました。

 

トレーニングをして筋肉痛が来なくても、間違いなく効果は出ているので安心してトレーニングを継続してください!

 

大切なのは、とにかく継続してトレーニングを行っていくことです。継続できるようになって、余裕ができたら筋肉痛が来るような負荷でのトレーニングも考えていけると良いかと思います。


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。