夏のビーチが似合う身体へ!逆三角形をつくるトレーニング方法をトレーナーがお教えします!

 

暑い夏、ジリジリと照り付ける太陽、そんな季節にはやはりビーチへ出向いてはしゃぎたいですよね。

そして中には彼女は奥様、友達とビーチに行く方もいるでしょう。

 

そんな方々の中には、「今の身体じゃあカッコがつかないよぉ」と嘆いている方もいるのではないでしょうか。

ということで今回は「夏にカッコつく身体」を目指すべく、逆三角形をつくるための筋トレをパーソナルジムに所属している現役トレーナーが紹介していきます。

 

逆三角形な背中はやっぱりモテる?

 

やはりガシっとした背中はある程度モテるようですね。

 

女性は男性のたくましい背中に安心感を感じるようです。

 

とはいえ背中というのは普段の生活では見ることの少ない部位ですから、ビーチでふとした時に見えるからこそ、よりドキッとするのかもしれません。

 

たくましい背中を作るためには広背筋のトレーニングが効果的

 

女性に「たくましい♡」と感じてもらえる背中にするために、「どこの筋肉を鍛えればいい?」と疑問を感じている方もいるでしょう。

 

“たくましい背中”というと逆三角形の綺麗な背中を想像するかと思いますが、逆三角形の背中を作るには、広背筋を鍛えると効果的です。

 

広背筋は背中の筋肉の中でも多くの面積を埋めている部分で、その周りを囲う大円筋や僧帽筋なども一緒に鍛えると良いでしょう。

 

また背中の逆三角形の話をしているので意外に思うかもしれませんが、逆三角形をしっかりと見せるためにも大胸筋を鍛えると良いです。

 

背中の逆三角形を形成する筋肉を鍛えると共に大胸筋を鍛えることで、逆三角形を強調できるとのことです。

 

逆三角形を目指すためにはこのトレーニング!

 

さて、「モテるためには広背筋か、よし鍛えよう!」と思い立った方もいるでしょう。

ここからは広背筋を鍛えるためのトレーニングについて、具体的にメニューを紹介していきます。

 

逆三角形トレーニング① ベントオーバーロウ

 

ゴムで出来たトレーニング用のチューブを使って行うトレーニングです。

 

1、まず足を肩幅程度に開き、つま先は少しだけ外側に向いた状態で立ちます。

2、その体勢のまま足でチューブを踏みましょう。

3、足で踏んでいるチューブの両端を両手で持つような感じで、この時に程よくチューブが張るように持つように意識しましょう。

4、お尻を後ろに突き出したような体勢で45度~60度程度に前かがみになり、脇を締めることを意識しながら両手を腰の高さまで上げ、背中の方に負荷がかかっていることを確認し、また両手をもとの位置に戻します。

 

この腰の高さまで上げて下げてを繰り返すトレーニングで、今回はチューブを使うことを前提として説明しましたが、両手にダンベルを持って行うことも可能です。

 

これは1セット10回として、3セット行うようにしましょう。

 

逆三角形トレーニング② ショルダープレス

 

これも逆三角形を作るために鍛えたい筋肉の一つである三角筋を鍛えるためのトレーニングです。

 

1、ダンベルを使うトレーニングで、まず両手にダンベルを持つところからはじまります。

2、そして肩幅程度に足を開き、ダンベルを首の高さで構え、床と平行になるように意識します。

3、その意識をそらさないままダンベルを上げていき、腕がまっすぐになるまで上げていきましょう。

4、上がり切ったらまた首の高さまでダンベルを戻します。

5、この動作を繰り返しましょう。

 

このトレーニングも10回を1セットとして3セット行うことを目安にすると良いでしょう。

 

逆三角形トレーニング③ プッシュアップ(腕立て伏せ)

 

「え?腕立て伏せ?」と思った方もいるかと思いますが、腕立て伏せも逆三角形を作るのに効果的です。

 

1、まず手を肩幅より広めに床につき、腕はまっすぐに構えます。

2、頭からつま先まで一直線になっていることを意識しながら腕をたたんでいき、胸がギリギリ床につかないところで引き返し、腕がまっすぐになるまで戻していきます。

 

これが腕立て伏せの一連の流れで、これも10回を1セットとして、3セット行うようにしましょう。

 

もしも難しいようでしたら、膝をついても大丈夫です。

 

まとめ 逆三角形を作ってモテる身体に!

 

逆三角形の綺麗な背中は、やはり女性から「たくましい」といった印象を受けるようです。

そういったいわば“モテる背中”は、広背筋をはじめ、大円筋や僧帽筋、三角筋などを鍛えることが効果的だと説明しました。

 

そのような部分を鍛えるトレーニングとして、ベントオーバーロウやショルダープレス、プッシュアップなどを紹介しています。

 

ベントオーバーロウはチューブとダンベルどちらでも行うことができ、特にゴムチューブであればある程度かける負荷を調節できるのでおすすめです。

 

またプッシュアップに関しては道具が何もいらないので、筋トレ初心者の方でも気軽にチャレンジできますね。

道具が無くてもできるので、やろうと思えば今からでもできますよ。


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。