体験予約 LINE予約

blog
ブログ

脂肪は筋肉には変わらない!しっかり痩せるためのダイエット方法とは

最近体脂肪増えてきたし、運動して筋肉に変えちゃいたいな〜なんて考えている方居ませんか?

実は、脂肪が筋肉になったりする事は全くないんです。

脂肪は脂肪としてのつき方、落とし方があり、筋肉には筋肉としてのつき方、落とし方があります。

なので、「脂肪を筋肉に変える」のではなく、「脂肪を減らして筋肉を増やす」ことが正解です。

今回は、そんな筋肉と脂肪に付いてお話ししようと思います。

脂肪が筋肉に変わったり、筋肉が脂肪に変わることは無い

昔運動してたけど、最近運動サボってるから筋肉が脂肪に変わっちゃった、、、

なんて勘違いをしている人も居ますが、筋肉が脂肪に変わることはありえません!

筋肉はたんぱく質でできていて、脂肪は脂質でできています。それぞれ材料が違うので、「脂肪が筋肉に」「筋肉が脂肪に」変わることは絶対にありえません。

筋肉が脂肪に変わっているのではなく、「筋肉が減って脂肪が増えた」だけです。

筋肉は使わないと減っていってしまいます。筋肉が減ることによって、基礎代謝が落ちて日中の消費カロリーが減ってしまい脂肪がつきやすくなってしまいます。なので、「筋肉が脂肪に変わった」と勘違いされやすいのです。

痩せるためには筋肉を付けて脂肪を落とすことを意識する

痩せるために脂肪を減らすことを意識する人は多いと思いますが、筋肉をつけることを意識する人は少ないんじゃないでしょうか。

筋肉をつけるとムキムキになっちゃうんじゃないの?と思う方もいると思いますが、安心してください。かなりハードなトレーニングを行って、かなりの量のご飯を食べない限りはムキムキにはなれません。

むしろ、筋肉をつけることによってメリハリのあるボディラインになることができるので、理想の体に近づく手助けをしてくれます。

また、僕らの体は筋肉を維持するだけでも多くのカロリーを消費しています。筋肉が多ければ多いほど、日中の消費カロリーが増えて脂肪が減りやすくなります。脂肪が減りやすくなるということは、太りにくく痩せやすい体になることができるのでダイエットの手助けにもなります。

ダイエットをする際は食事制限だけでなく、しっかりとトレーニングも行って、筋肉を増やすか落とさないようにキープしながら、脂肪を落としていくようにしましょう!

筋肉を落とさないように脂肪だけを落とす方法

筋肉をキープするためのトレーニングと脂肪を落とすための食事制限が大切です。

筋肉をキープするトレーニング

トレーニングというとハードなものをイメージする人が多いと思いますが、自宅でできるような簡単なトレーニングでも大丈夫です。とにかく、しっかり動いて筋肉を使うことが大事です。

トレーニングする部位としては、大きい筋肉(お尻や太ももなどの下半身、背中)をトレーニングすることによって全体的な筋肉量を効率よく増やせて、太りにくく痩せにくい体質を作れます。

家で簡単にやれるトレーニングでオススメなのが「スクワット」です。場所を取らないので家でも気軽に行えますし、下半身の筋肉をしっかり使えるので良いですよ。

スクワットをやった上で余裕があれば腹筋もやれるとベストです。

脂肪を落とすための食事制限

脂肪を落とすためにはトレーニングだけでなく、食事制限も大切です。

脂肪を減らすためには、ただ量を減らすのではなく栄養バランスをしっかりと考えた食事制限を行って、適度に量を減らしながらも必要な栄養をしっかり摂取することが特に大切です。

特に意識したい栄養素が三大栄養素と呼ばれている「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」の3種類の栄養素になります。

特に、日本人の食生活だと不足しがちなたんぱく質は意識して摂るようにしましょう。鶏肉などの高タンパク食品やプロテインなどを取り入れるのがオススメです。

たんぱく質をしっかり摂取しながら、揚げ物を控えて脂質の摂取量を減らすだけでもある程度は痩せられますよ。

まとめ

脂肪が筋肉に変わることは絶対にありえないので、ダイエットをする際は「筋肉を増やしてボディラインを綺麗にする」ことと「脂肪を減らして体をシュッとさせる」ことの2種類をしっかり意識することが大切です。

筋肉を増やすことだけを意識してしまうと体がデカくなってしまいますし、脂肪を減らすことだけを意識してしまうと代謝が落ちて痩せにくく太りやすい体になってしまいます。

普段の食事内容をしっかりと考えて、適度なトレーニングを行いながらトレーニングを頑張っていきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございます。