筋トレ初心者が途中で挫折してしまう理由とその解決法

筋トレブームによって、自分の周りでも筋トレを習慣化している人が増えていたりしませんか?

日に日に良いスタイルになっていくそういった人を見ると、「自分もやってみたいかも」と感じるかもしれません。

しかし、すぐに筋トレマシンを購入したり、スポーツジムなどの会員になってしまうのはやめましょう。

なぜならば「挫折してしまう可能性が高いから」です。

せっかく筋トレに興味を持ち、始めるのであれば、理想的な体を手に入れたいですよね。

それなのに、途中で挫折してしまって理想的な体を手に入れる前に筋トレをやめてしまうなんて話を山ほど聞いてきました。

この記事では、そんな「筋トレ初心者が途中で挫折してしまう理由とその解決法」について解説していきたいと思います。

筋トレ初心者が途中で挫折してしまう理由

それではまず、筋トレ初心者がなぜ挫折してしまうのか、その原因を大まかに解説しましょう。

細かい原因を挙げるとキリがないので、2つの大きな原因を解説します。

筋トレの辛さがわかっていないから

筋トレは見た目でわかる通り、辛いメニューをこなさなければなりません。

今から「筋トレを始めよう」という初心者の人は、モチベーションが高いので「辛いメニューも乗り越えてみせる」と当然ながら思っています。

実際に筋トレのメニューは頑張ってこなせることが多いのですが、「その後の辛さ」は想像していなかったりします。

その辛さとは、「筋肉痛」のことです。

初心者の人が筋トレを行うと、高い確率で翌日に「筋肉痛」が襲ってきます。むしろ、「筋肉痛」が来なかったら負荷が圧倒的に足りていないのでトレーニングメニューを見直した方が良いです。

また、「あれ、昨日の筋トレで手首を痛めたかな?」というように、体のあちこちを軽く痛めてしまうといったことも多いのです。

初日、2日目と何とか頑張れたトレーニングメニューも、筋肉痛と痛みを抱えながらだと「辛い」と感じるようになってしまいます。

この「当初のイメージとの違い」が挫折してしまう大きな原因となるのです。

毎日やろうとしてしまうから

もう一つの筋トレ初心者が挫折してしまう理由が、「毎日やろうとしてしまう」ということです。

前述した通り、筋トレを始めた当初はモチベーションが高いので、「毎日筋トレをしよう」と意気込むわけです。

しかし、実際には筋トレ自体の辛さと筋肉痛などによってしんどくなっていき、「毎日はきついかも」となっていきます。

そこで妥協しながら継続できる人もいますが、「最初は毎日筋トレしようと思ったけど甘くないな」と挫折感を感じてしまい、諦めてしまう人も多いのです。

初心者は長期間の筋トレ習慣を作るだけでまずは十分

冒頭で挙げたように、筋トレマシンをいきなり購入してしまったり、スポーツジムの会員になってしまうと、高い確率で挫折してしまうものです。

しかし、「筋トレ」というものに慣れてから本格的に筋トレを行えば、筋トレの辛さを理解した上で始められますし、体自体が筋トレへの抵抗感(筋肉痛)などを起こしにくくなります。

運動前の準備運動、歌う前の発声練習のように、「慣らす」ことでその成功確率を高められます。

まずは「筋トレを行うことに慣れる」ということが非常に重要なのです。

おすすめの初心者でもできる筋トレメニュー

それでは、ここからは筋トレ初心者でも気軽にできるメニューをいくつか挙げていきます。

2日に1回というペースでも良いので、2週間程度でも良いので取り組んでみましょう。

「今日は上半身」「今日は下半身」という風に、同じ部位を2日連続でやらないようにだけ気をつけてください。

・プッシュアップ

いわゆる「腕立て伏せ」というものですね。

主に、腕や胸などが鍛えられます。

・スクワット

自重トレーニングと言えばこの「スクワット」ですよね。

太ももやお尻を中心に鍛えることができます。

・クランチ

スタイルを良くしたいという人がぜひ率先して行いたいのが「クランチ」、いわゆる「腹筋」です。

腹直筋(シックスパック)は見た目の変化が分かりやすいので、モチベーションを保つためにも意外と重要なメニューとなります。

・ヒップリフト

お尻周りの筋肉を鍛える「ヒップリフト」は、お尻周辺の脂肪燃焼をしやすくできるので、ヒップアップ効果も期待できるのです。

特に女性におすすめのメニューと言えます。

・プランク

うつぶせで肘をつきながら上体を起こして行う「プランク」は、お腹や横腹を鍛えることができます。

お腹だけでなく、背中など体幹に関わる筋肉を鍛えることができるため姿勢が気になる人には特にオススメです。

 

これらのメニューを1週間~2週間ほど継続し、本格的にジムなどで始めることを決意できたならば、目標を設定したり本格的なマシンの使用などを始めていきましょう。

まとめ

今回は、「筋トレ初心者が途中で挫折してしまう理由とその解決法」について解説してきました。

筋トレ初心者は、「筋トレの辛さがわかっていないから」「毎日やろうとしてしまう」という理由によって、挫折してしまいがちです。

「プッシュアップ」や「スクワット」「クランチ」「ヒップリフト」「プランク」といった初心者でも気軽にできるメニューを1週間~2週間試してから、本格的にスポーツジムやなどに挑戦するようにしましょう。

初心者の方で「とにかく早く結果を出したい!」という方はパーソナルジムでプロに指導してもらうのが良いと思います。


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。