有酸素運動と無酸素運動の違いとは?ダイエットに適しているのはどっち?

ダイエットや筋トレなどのトレーニングを始めるときに「有酸素運動」「無酸素運動」という言葉を聞いたことはないでしょうか。

漢字だけで読み取ると、「酸素を利用した運動が有酸素運動」のように、酸素に着目する人が多い傾向にあります。

しかし、この2つの違いは「酸素」だけではないのです。

 

今回は、「有酸素運動と無酸素運動の違いを知りたい」「結局、どっちが効果的なのか」について詳しく解説していこうと思います。

 

有酸素運動と無酸素運動の2つの違い

 

有酸素運動と無酸素運動の違いを簡単に説明すると

 

有酸素運動:筋肉が酸素を利用することで、運動のためのエネルギーを発生させる

無酸素運動:筋肉が酸素を必要としない運動

 

このように分類されます。

 

有酸素運動は、長時間続けられるランニング水泳、ウォーキングなどの軽〜中程度の負荷の運動のことを指します。

ランニングや水泳などは、「呼吸が大切」と言われるほど、酸素を使っていきます。

そして、その酸素でエネルギーを発生させるので、有酸素運動になるのです。

 

有酸素運動でダイエットをする際には、20分以上運動する必要があります。

その理由は、20分を前後のときに燃焼されるものは「血中脂肪」です。

血液をサラサラな状態にするので健康維持のためなら十分な時間ですが、脂肪細胞は減りにくく痩せるには時間がかかってしまいます。

 

そのため、20分を超えてきたあたりに燃焼されるのは「内臓・皮下脂肪」です。

血液中の脂肪分をある程度、使い終わることで、皮下脂肪や内臓脂肪が使われるようになります。

 

その反対に、無酸素運動は、短時間で行う身体に最も負荷をかける運動法です。

例としては、腕立てやべンチプレスなど短時間で集中的なトレーニングメニューになります。

ジムで行われているのも、この無酸素運動が多いです。

 

ダイエットに向いているのはどちらなのか

「有酸素運動と無酸素運動、どっちがいいの?」と疑問に思う方は多いと思います。

結論的に言ってしまうと「何を目的にするか」によって、オススメの度合いが違っていきます。

 

そこで、最初に、有酸素運動と無酸素運動のエネルギー源について、解説していきます。

有酸素運動のエネルギー源は、「脂肪」です。

つまり、体内に蓄えられた脂肪をエネルギーにして、筋肉を動かします。
そのことにより、体内の脂肪が減少していきます。

そのため、有酸素運動はダイエット向きと言われています。

 

次に、無酸素運動についてです。

無酸素運動のエネルギー源は、「糖質」です。

体内に蓄えられた糖(糖質)をエネルギー源に筋肉を動かすため、筋肉量を増加させることができます。

そのため、「筋肉の量を増やしたい」という方におすすめなのは、無酸素運動です。

 

このように、「どこを鍛えたい(痩せたい)のか」によって、選ぶ基準が変わっていきます。

 

有酸素運動を行った方がいい人

有酸素運動がおすすめの方は

 

・脂肪を落とすダイエットがしたい

・激しい運動は望んでいない

 

この2点に当てはまる人にオススメです。

 

有酸素運動は、生活習慣病の予防や改善にも役に立つので、メリットが多いのが特徴です。

しかし、有酸素運動で脂肪を燃焼させるには、一定時間の運動をしなくてはならないので

「時間に余裕がない!」という方には厳しい傾向があります。

また、「継続が苦手」という人の場合も、なかなか続かずにダイエットを諦めてしまう人もいるので、継続する方法や目標を決めてから始めましょう。

 

無酸素運動を行った方がいい人

無酸素運動がオススメな方は

 

・筋肉をつけたい

・短時間で効果を出したい

 

この2点に当てはまる人にオススメです。

 

一度、筋肉量が増えると、筋肉の維持にかなりのエネルギーが必要になります。

そのため、無酸素運動をすることで基礎代謝が上がり、太りにくい身体になるのです。
無酸素運動は、有酸素運動と違って瞬発的な運動が多いです。

そのため、筋トレをする時間を長く確保する必要がなく、忙しい方にも難しくない運動となっています。

 

デメリットとしては、ベンチプレスなど本格的に短時間集中の筋トレメニューになるので、ジムに通った方がいいというメニューが多いです。

また、短時間でも負荷がかかり辛くなるため「あ、もう無理…」とやる気がプツンッと切れてしまうことがあります。

 

このように、有酸素運動と無酸素運動では、目的によって運動の仕方が変化していきます。

 

しかし、今では「有酸素運動×無酸素運動」のやり方も広まっています。

この二つを組み合わせることによって、脂肪燃焼がしやすいと言われています。

この「有酸素運動×無酸素運動」を始める際には、無酸素運動で分泌された成長ホルモンが

脂肪燃焼を助けるため、無酸素運動を行った後で、有酸素運動に切り替えていくことがオススメです。

 

まとめ

今回は、「有酸素運動と無酸素運動の違い」と「有酸素運動と無酸素運動のどちらが効果的なのか」について解説しました。

有酸素運動と無酸素運動は「筋肉の呼吸の有無」だけではなく、自分がどのように痩せたいのかで、関わり方が違ってきます。

「自分はこっちの方が向いている」と思った方は、ぜひ、実践してみてはいかがでしょうか。


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。