朝ごはんにスープを飲むとダイエットが捗る!?プロが教えるその理由とオススメメニュー

 

ダイエットをしていると

「朝ごはん、今のままで大丈夫なのかな

「もっと痩せやすい朝ごはんは、ないのかな」と思う方もいると思います。

 

このような悩みは尽きることはありません。

 

しかし、朝ごはんを食べることを辞めてしまうと、かえって太りやすい身体になってしまいます。

 

また「朝ごはんには、スープ料理がいい」と言われても、ダイエットに効果的なスープ料理がどういったものなのかわからない人もいますよね。

 

今回は、2つの注意点をもとに「オススメなダイエットスープ料理」について、現役パーソナルトレーナーが詳しく解説していきます。

 

 

ダイエットをしていると、どうしても抜きがちになってしまうのが朝ご飯です。

 

「だって、太りたくないし」と思うもしれませんが、ダイエット中だからこそ抜いてはいけないのです。

 

朝ごはんを食べることによって、胃の動きが活発になり、体温が自然と上昇していきます。

 

自然と上がった体温は、脂肪燃焼・エネルギー消費が多くなり痩せやすい体づくりをしてくれるのです。

 

また、朝の時間帯は「排泄を促すべき時間帯」とも言われています。

 

朝ごはんを食べることで、腸が動きだし、身体の不要なものを排泄してくれます。

 

そのため、朝ごはんは「体の調子を整える」ためにも必要なのです。

 

ダイエット中に気をつけたい 2つのポイント

 

いくらダイエットに朝ごはんが必要でも

以下の2つのルールを守らないと、逆に太りやすくなってしまいます。

 

オススメなメニューとともに、解説していきます。

 

身体を温めるメニュー

血糖値を急激に上昇させない

 

①身体を温めるメニュー

 

朝ごはんは、特に「温かいメニュー」を中心に摂ることが大切です。

 

朝ごはんを温かいもの中心にすることでカラダ全体が温まり、胃や腸の動きも活発になります。

 

また、身体が熱を発しやすくなるため、運動をしなくてもエネルギー消費が多くなります。

 

そんな身体を温められる食材は

 

野菜

 

野菜には、体内の血行を促進して冷えを解消してくれる役割があります。

定番の生姜に加えて「玉ねぎ・ニンニク・ごぼう・ニンジン」などが挙げられます。

 

発酵食品

 

スープ作りにさまざまなアレンジを加える事ができる発酵食品。

定番のチーズに加えて「キムチ・豆腐・味噌・お酒」などが挙げられます。

また、発酵食品を摂取することで5つの効果が得られます。

 

・免疫を調節

・脂肪の分解を促す

・肌荒れの改善

・腸内環境の改善

・コレステロール値の正常化

 

スパイス

 

脂肪燃焼に欠かせないスパイス。

定番の唐辛子に加えて「胡椒・山椒・ターメリック」などが挙げられます。

 

身体を温められるオススメなスープメニュー

 

・オニオングラタンスープ

 

血液をサラサラにしてくれる玉ねぎ。

また、食欲をそそるヒタヒタのパン。

ダイエットのご褒美にもなる1品です。

 

 

・ミネストローネ

 

野菜を入れるほどにスープの旨味が増えていく。

旬の野菜なども使っていくことで、ダイエットの楽しみも増やすことができます。

 

 

血糖値を上昇させない

 

私たちがよく食べる食材には、糖質が多く含まれています。

そのため、血糖値が上がりやすく糖尿病などのリスクがあります。

しかし、血糖値を上げる食材があるように、血糖値を下げる食材もあります。

血糖値を下げる食べ物は「高野豆腐・サバ缶・こんにゃく・牛乳・お酢」などです。

 

血糖値を下げるオススメなスープ料理

 

・サバ缶と白菜のスープ

 

サバ缶を使う際は、骨とその汁まで使うことで栄養価を高めることができます。

また、サバにはGRP-1という成分が含まれており、食欲を抑えて食べ過ぎを抑制してくれます。

 

 

 

・高野豆腐とじゃがいものポタージュスープ

 

高野豆腐には、植物性タンパク質やカルシウム、鉄分などが含まれておりお肉の代わりとして使用することができます。

 

また、高野豆腐を粉末状にすることで多種多様な料理に使うことができます。

 

 

 

以上が、ダイエット中に気をつけたいスープ料理のポイントでした。

 

スープにも、目的別によって作る内容が変わっていきます。

 

自分に合ったスープ料理を選んできましょう。

 

やっぱりダイエットには、白ご飯?

 

よくダイエットでは、「糖質を控えめにできるサラダ」や「食パン」の方がいいと言われます。

 

しかし、無理せずダイエットをするには、炭水化物の白米は欠かせません。

 

白米が分類される炭水化物には、糖質と食物繊維が含まれています。

そのため、適切な量を摂ることで、得られるメリットがあるのです。

 

・食べ過ぎを防げる

・脳のエネルギーとなり、情緒も安定しやすい

 

この2点がメリットです。

 

また、「やっぱり、白米を食べるには抵抗がある」という方には、普通の白米を玄米・もち米などにすることで、低糖質で満足感があるメニューになります。

 

まとめ

今回は、「ダイエット中にオススメしたい朝ごはんスープ料理」について解説しました。

朝ごはんにスープ料理を食べることで、身体の芯から温まり基礎代謝を上げることができます。

 

今回のおすすめ料理には出していませんが、僕がパーソナルジムのお客様に食事指導を行う際はオートミールを使ったスープ料理でしっかり栄養摂取してもらうのをオススメしています。

 

「ダイエット中の朝ごはんの一品を増やしたい」などと思っている方は、ぜひこの記事を参考に実践してみてください。


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。