停滞期を抜け出す方法をパーソナルジムのトレーナーが解説します!

 

ダイエットしている方が多く経験している、ダイエットの停滞期。

 

停滞期中は「なんで体重が減らないの?」とイライラしてしまう方もいます。

 

また、停滞期に入ってしまったことによりダイエットのやる気がなくなってしまう方もいます。

 

そこで、今回はダイエットの天敵である「停滞期の抜け出し方」「停滞期が来る理由」についてパーソナルジムで実際に指導をしているトレーナーが詳しく解説していきます。

 

 

停滞期とは、ダイエット中に体重が減りにくくなってしまう時期のことです。

 

停滞期に入ってしまうと、それまで減り続けた体重がどんなに努力しても減らなくなってしまいます。

 

そのため「ダイエットが失敗してしまった」「やる気がなくなってしまう」などの現象が起こり、ダイエットを諦めてしまう方がいます。

 

しかし、停滞期はダイエットが順調に進んでいる証拠です。

 

決して、失敗ではありません。

 

ダイエット中は、誰でも体重の減少・停滞の繰り返しです。

 

うまく停滞期を乗り越えていくことで、さらに目標体重に近づくことができます。

 

停滞期のメカニズム

 

停滞期は、ダイエットを始めてから1ヶ月前後、または、体重の約5%減量できた頃に起こりやすくなります。

 

停滞期中の身体は、その頃から「ホメオスタシス」という機能が働きます。

このホメオスタシス機能が働くことで、魔の停滞期が始まるのです。

ホメオスタシス機能とは、カラダの危機管理システムのような働きをします。

 

ホメオスタシス機能が働くと

 

・少なくなった栄養の吸収率を上げる

・カロリーの消費を最小限に抑える

 

上記のような働きが起こり、体重減少が止まってしまいます。

 

しかし、ダイエットに関しては天敵になりますが

生命の危機を感じたカラダが、自分を守ろうとしている大事な機能でもあります。

 

つまり、ダイエットを成功させるにはホメオスタシス機能とうまく付き合っていくことが大切です。

 

停滞期の継続期間

 

停滞期は、個人差がありますが2週間から1ヶ月前後は続きます。

 

停滞期に入ってしまったら、焦らないことが大切です。

 

先述した通り、停滞期はダイエットが成功している証拠だからです。

 

この期間は、ダイエットを諦めずに続けることが大切。

そして体重を減らす事よりもそれ以上増えないように注意をする。

 

これが停滞期を抜け出すコツとなっています。

 

停滞期を抜け出す方法

 

ここからは、停滞期を抜け出す方法を5つご紹介します。

 

水をしっかりと飲む

 

人間の身体の60%は水分です。

1日に飲む水分量が少ないと新陳代謝が悪くなります。

そのため、体重が思うように落ちてくれないのです。

 

水分を摂取するときのポイントは

 

①1日に飲む水の量の目安は、1.5L~2L

②身体が吸収できる1回の水分量は約200ml(コップ一杯)

③1~2時間に1回のペースで水を飲む

④水温は、少し冷たいものにする

 

上記の4点です。

 

しっかりと、水分に注目することで停滞期を乗りこえるかもしれません。

 

2〜3日間だけ、摂取カロリーを増やす

 

2〜3日間だけ摂取カロリーを増やしてあげることで、ホメオスタシス機能が解除されるきっかけになります。

 

目安のカロリーは、1,800~2,400kcal。

 

2〜3日間が終了したあとは、停滞期前に摂っていたダイエット食に戻します。

 

ただし、注意点としてはダイエット食を1,200kcal以下には落とさないこと。

 

それ以上のカロリーを減らしてしまうと、代謝が狂ってしまいます。

 

また、筋肉量も減ってしまう可能性が高いためボディラインに影響が出ます。

 

ダイエット・筋トレメニューを見直す

 

パーソナルジムの場合。

トレーニングメニューの多くは、筋トレのみであることが多いです。

しかし、そのメニューで痩せない場合は、有酸素運動を取り入れることがオススメです。

普段とは違う運動を行うことで、また違う刺激が体に与えられます。

 

違う刺激をもらった身体は、代謝アップを促してくれる可能性があります。

 

有酸素運動は、「ウォーキング」「スクワット」「水泳」「サイクリング」などが挙げられます。

 

筋膜リリースをする

 

筋膜が緊張して、骨格が歪んでしまうと全身の筋肉を効率よく使うことができません。

 

そのため、「基礎代謝が落ちやすい」「血流が悪くなる」などの問題点が出てきます。

 

基礎代謝が落ちてしまうと、内臓の働きが悪くなってしまい便秘などに繋がります。

 

また、血流が悪くなってしまうと冷え性・むくみの原因になります。

 

むくみが酷い場合、体が水分を含みやすい状態になり、体重も落ちにくくなります。

 

そこで、筋膜リリースを行うことで血流を改善して、むくみをなくすことができます。

 

ビタミンB・Dを摂取する

 

ダイエット中はカロリーが低い食事を摂取します。

そのため、「ビタミンB」と「ビタミンD」が不足しているケースが多いです。

 

ビタミンBは、筋肉の成長を助ける栄養素です。

ビタミンBが不足してしまうと、筋肉の修復をしてくれるタンパク質を摂取しても筋肉の成長・代謝がうまく機能しません。

 

また、ビタミンDは日光を浴びることで増える栄養素です。

 

ビタミンDは「運動の脂肪分解を助ける効果」「食欲を抑える効果」があります。

 

栄養素を意識するのが難しいという方は、サプリメントで補うことがオススメです。

 

まとめ

 

今回は「停滞期の抜け出し方」「停滞期が来る理由」について詳しく解説しました。

 

「停滞期の抜け出し方がわからない」「停滞期について知りたい」という方は、ぜひ。この記事を参考に実践してみてください。

 

それでも、停滞期を抜け出せなくて難しい場合はプロのトレーナーを頼ってみましょう。

パーソナルジムでは、プロのトレーナーにマンツーマンで指導をしてもらえるため、停滞期を抜け出すために最適なアプローチを教えてもらえて、停滞期を抜け出すことができますよ。


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。