お風呂ダイエットとは?日常生活に痩せ習慣を取り入れよう!

 

「普段から気軽にできるダイエットが知りたい」

「モノを用意することなく、楽してダイエットをしたい」

 

このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

 

また、日頃のストレスを癒しつつダイエットもできるとなると

理想のダイエットになると思います。

 

そこで今回は、自宅で簡単にできる「お風呂ダイエット」について一宮市のパーソナルジムに所属している現役トレーナーが詳しく解説していきます。

 

 

お風呂がダイエットとして活用できる理由は、「発汗作用」になります。

 

つまり、汗と一緒に身体に溜まった老廃物をだすことで、代謝が上がり、痩せやすい身体づくりをすることができます。

 

そもそも、人間の体は、老廃物といった「毒素」を処理する働きがあります。

 

例えば、肝臓が毒素を体外に排出しやすい状態にしてくれている。

また、全身のリンパ系を通して、老廃物を処理する能力です。

 

しかし、最近では、食生活の変化や仕事の忙しさなどから

体に入る毒素の量が多過ぎる傾向にあります。

 

そのため、処理能力を超えてしまった毒素は、脂肪と結びついてしまい太りやすい身体に変化していきます。

 

そこで、お風呂の入り方を変えて発汗作用を促すことで代謝の良い体作りができるのです。

 

また、体を温めることで、全身の血行がよくなるので

むくみ解消やリラックス効果もあります。

 

その他にも、夜ご飯の前に入浴することによって、食欲を減退させてくれる効果が期待できます。

 

お風呂の最適な温度

 

一般的な入浴方法は、40°のお湯に15〜20分前後、入浴することがオススメです。

 

しかし、ダイエットのサポートとして入浴する場合は「38°〜39°前後」でも効果が期待できます。

 

注意点としては、20分以上の入浴はしないことです。

 

あまり長風呂してしまうと、お肌の乾燥や「もっと痩せたい!」という気持ちからのぼせてしまう可能性があります。

 

しっかりと時間を図りながら、入浴することがオススメです。

 

寝る1〜2時間前に入浴

 

入浴する時間帯としては、夜ご飯を食べる前と、寝る1〜2時間前がオススメです。

 

あまり、就寝時間に近い時間帯で入浴してしまうと

体が温まりすぎてしまい、睡眠の質を落としてしまう可能性があります。

 

半身浴でダイエット効果促進

 

ダイエットに生かす入浴方法として「半身浴」がオススメです。

 

半身浴は、じんわりと汗を出すことから老廃物を排出する効果を高めてくれます。

また、リラックス効果として「音楽を聴く」「読書」「電気を消してキャンドルを灯す」などといった、自分なりの入浴方法で楽しむことができます。

 

これから、半身浴の入浴手順をご紹介します。

 

手順1 手足を510分つける

 

①43°前後のお湯を用意する

②両手のひじを入れる

③両足の膝下をつける

④5〜10分前後を目安につける

 

末端の汗腺を刺激していくことで、全身の発汗作用を高める効果があります。

 

手順2 運動をプラス

 

①両手と両足を湯船につける

②足首をまわす

 

このようにすることで、脚のポンプ作用を刺激することができるので血流U Pが見込めます。

 

手順3 ぬるめのお湯で半身浴

 

①水を足して37~38℃に設定

②みぞおちまで湯船に浸かる

③10~15分半身浴。

 

半身浴は、体が冷えやすくなる傾向があるので、発汗作用の高いソルト系入浴剤を入れるのもオススメです。

 

入浴時間を短くしたい人は高温反復入浴法がオススメ

 

「忙しく、ゆっくりと入浴している暇がない」という方には

「高温反復入浴法」がオススメです。

 

「高温反復入浴法」とは、普通の入浴方法よりも消費カロリーが高く、血流の流れの効果を短い時間で高めてくれる入浴方法です。

 

高温反復入浴法消費カロリーは、1回の入浴で300~400kcal程度です。

普通のランニング1時間あたりが500kcalのため、効率的な入浴法補だとわかります。

 

「高温反復入浴」は、42~43℃の熱めのお湯にすることが大切です。

また、短時間を何回かに分けて入浴するため、疲れがひどいときにはオススメできません。

 

高温反復入浴法の手順

 

①かけ湯をする

 

お湯が熱いので、一気に浸かることがないようにしましょう。

かけ湯などをして、身体に慣らしていくことがオススメです。

 

②休憩は5分

 

基本的に、入浴は2〜3分間です。

 

そのあとは、休憩の5分を取りながら身体などを洗います。

 

③2度目の入浴

 

2~3分入浴したら、バスタブから出て休憩を繰り返します。

 

④ゆっくり入浴

 

最後に5分間だけゆっくりと湯船に浸かります。

 

まとめ

 

今回は自宅で簡単にできる「お風呂ダイエット」について詳しく解説してきました。

 

「自宅のあるもので、ダイエットサポートをしてほしい」「大好きなお風呂に浸かりながら、痩せる身体を作りたい」という方は、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

 


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。