リンゴ酢ダイエットなら痩せるだけでなく美容効果も!【トレーナーが解説】

 

「寝る前にさっと試せるダイエットがいい」

「ダイエットしつつ、美肌などの効果的がいい」

 

上記のようなお悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

 

このようなお悩みを解決できるのが、スーパーなどで気軽に買うことのできる「リンゴ酢」です。

 

そこで今回は、気軽に試すことができる「リンゴ酢ダイエット」について一宮市のパーソナルジムに所属しているトレーナーが詳しく解説していきます。

 

 

リンゴ酢とは、りんごの果汁を発酵させて作られた醸造酢です。

 

食酢は「醸造酢」と「合成酢」の二つに分けられます。

醸造酢は、果実や穀物を原料としており、酢酸を利用しません。

 

一方で、合成酢は酢酸を水で薄めて調味料を加えられたものです。

 

最近では、リンゴ酢がスーパーなどに売られており、ストレートで飲むタイプや水、炭酸水などで薄めて飲むものがあります。

 

リンゴ酢ダイエットを行うことで

 

・美肌効果

・安眠効果

・抗菌・消毒効果

・骨粗しょう症対策

 

などの効果を得ることができます。

 

リンゴ酢には、抗酸化作用があるため細胞の劣化を抑えることができるため、美肌効果が期待できるのです。

 

また、血糖値が急激に上昇することを防ぐ効果もあり、ダイエット効果の他にも、睡眠の質を高めることが可能です。

 

ダイエットしている人の多くは、「カロリーを抑える」ということを意識します。

しかし、ダイエットには、ダイエットの最大の敵「血糖値の上昇」を防ぐことが大切なのです。

 

血糖値が急激に上昇してしまうと、インスリンが分泌されます。

このインスリンは、通常エネルギーとして変換されていきます。

 

しかし、インスリンが過剰に分泌してしまい、分解されずに余ってしまうと、中性脂肪に変換されます。

この変換を防ぐためにも、リンゴ酢を飲むことでインスリンの分泌量を抑えることができるのです。

 

さらに、リンゴ酢を飲むことで「カルシウムの吸収を高める」ことができます。

カルシウムの吸収が高まると、骨粗しょう症予防の効果も期待できるので年代関係なく、飲むべき食酢なのです。

 

有名なお酢3種類との違い

 

お酢の種類は、リンゴ酢の他にも「黒酢」「バルサミコ酢」「ワインビネガー」が挙げられます。

 

しかし「結局、何が違うの?」「リンゴ酢の代わりにならないの?」と思う方もいるかと思います。

 

3種類の違いを一言で表すと「原料」になります。

 

・黒酢は、大麦を原料にしており、長時間発酵させています。

・バルサミコ酢は、ぶどう果汁をかなり長い時間発酵させます。

甘味があるのが特徴です。

・ワインビネガーは、バルサミコ酢よりも短い時間で発酵させています。

バルサミコ酢とは違い、フルーティーな味です。

 

リンゴ酢ダイエットのやり方

 

リンゴ酢ダイエットのやり方について解説します。

 

りんご酢を飲むタイミング

 

リンゴ酢を摂取するタイミングは、「食後」か「寝る前」に摂取することがオススメです。

特に、食後に飲むことで、血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

 

りんご酢の目安摂取量

 

リンゴ酢ダイエットでは、大さじ1〜2杯のリンゴ酢を水や炭酸で割って飲むことがオススメです。

 

原液のまま飲んでしまうと、酸味が強いことから抵抗感が生まれますし、刺激が強すぎるのでオススメしません。

 

また、リンゴ酢ダイエットに利用するお酢は、食酢を選ぶことが大切です。

 

りんご酢ダイエットの注意点

 

リンゴ酢ダイエットには、注意点もあります。

 

リンゴ酢を飲み過ぎてしまうと、お酢の溶かす作用によって胃にダメージを与えてしまうので、飲み過ぎには注意することが大切です。

 

リンゴ酢は、飲む量によって効果が変わるわけではありません。

それどころか、胃が弱い方は体調を崩してしまう恐れがあるので、しっかりと様子を見ながら続けることが大切です。

 

リンゴ酢ダイエットを続けるコツ

 

リンゴ酢ダイエットの天敵は、リンゴ酢の味になります。

 

食酢のため、酸味が強く風味も独特なので、苦手意識が芽生えてしまい途中で諦めてしまう人もいます。

 

そのような事態を防ぐためにも、2つのコツをご紹介します。

 

水や炭酸水以外で割る

 

食酢の風味を抑えるためにも、リンゴ酢を水などで割らずに「牛乳・野菜ジュース」などで割ることがオススメです。

 

りんご酢大さじ1杯に対して、150mlの牛乳や野菜ジュースの割合になります。

 

このどちらかで割ることによって、独特の風味を抑えることができるのです。

 

また、りんごのフルーティーな味わいをそのまま残すことができます。

 

注意点としては、牛乳やジュースは脂質などカロリーが高いものもあります。

しっかりと表記を確認して、カロリーの低い飲み物を選びましょう。

 

料理の調味料として

 

ダイエットによくあるのが「飽きてくる」ことです。

 

そのような事態に陥った場合、料理に活用することがオススメです。

 

例えば、甘酢あんかけに利用することで、活用方法が広がります。

 

まとめ

 

今回は、いろいろな活用方法ができる「リンゴ酢ダイエット」について詳しく解説しました。

 

「ダイエットの食事にアレンジを加えたい」「さっと試せるダイエットがいい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

 


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。