筋トレへのモチベーションが上がらない!その原因や対処法とは?

 

「筋トレを続けて体を美しく引き締めたい!」と思っても、モチベーションが維持できず挫折してしまうという人も多いのではないでしょうか?

 

筋トレをしても効果はすぐに現れないため、長くコツコツ続けていくことが大切です。

 

長く続けるためには、モチベーションを維持することが重要!

 

今回は、筋トレのモチベーションが下がってしまう原因やその対処法をご紹介します。

 

筋トレへのモチベーションが上がらない理由とは

 

まずは、なぜ筋トレへのモチベーションが下がってしまったのか、その原因を探ってみましょう。

 

原因が分かれば、モチベーションの上げ方が分かってくるはずです。

 

筋トレへのモチベーションが上がらない理由をチェックしてみましょう。

 

1.トレーニング効果が実感できない

 

毎日トレーニングを頑張っても効果が実感できないと、筋トレへのモチベーションはグッと下がってしまうもの。

 

「全然筋トレの効果が現れない…。つらいから辞めようかな」と、弱気になってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、筋トレの効果を実感し始めるまでは、約2~3ヶ月かかるといわれています。

 

効果を実感するためには、コツコツと長い目で見て筋トレを続けていく必要があるのです。

 

2.トレーニングをする目的がない

 

トレーニングをする目的がないという場合は、モチベーションを維持していくのが難しいでしょう。

 

筋トレは決して楽なトレーニングではありません。

 

人は目標があればつらいことも乗り越えられますが、目標がないと何のためにキツいトレーニングをしているのかが分からなくなってしまいます。

 

そのため、モチベーションを維持するためには、明確な目標が必要なのです。

 

3.疲れやストレスが溜まっている

 

疲れやストレスが溜まっている場合は、筋トレへの意欲が湧いてこずモチベーションも上がりにくいです。

 

「早く布団に入って寝たい」「ゴロゴロしたい」など、疲れているときはゆったりすることを優先してしまいますよね。

 

しかし、心や体が疲れているときにこそ筋トレで、気分をリフレッシュするのがおすすめ。

 

体を動かすことで気持ちがリフレッシュし、寝る3時間前までに筋トレを終わらせて程よく体を疲れさせれば、睡眠の質も高

まるといわれています。

 

4.仕事や家事などで忙しい

 

仕事や家事、育児などで忙しいときは、トレーニングにまで気が回らないもの。

 

忙しい日々が続いて、「いつの間にか筋トレをしなくなっていた」という場合もあるでしょう。

 

時間がなくて筋トレ時間が作れないときは、「ながら運動」を行ってみましょう。

 

歯ブラシやドライヤーをかけながら、かかとを上げ下げしてみたり、イスに座って太ももにクッションを挟み力を入れたままメイクをしたりと、「ながら運動」なら時間がないなかでも体を鍛えることができます。

 

筋トレのモチベーションを上げる5つの方法

 

筋トレはモチベーションをキープしながら、長くコツコツ続けていくことが大切です。

 

「筋トレのモチベーションが上がらない…」という方に向けて、モチベーションを上げる5つの方法をご紹介します。

 

1.目標を見つける

 

まずは目標を見つけて、モチベーションを維持しやすくしましょう。

 

目標がないままなんとなく続けてもモチベーションは上がらず、つらいトレーニングに立ち向かうことが難しくなってしまいます。

 

無理せず自分が達成しやすい目標を見つけて、1つずつクリアしていきましょう。

 

  • 1週間筋トレを毎日10分行う
  • ワンサイズ下の服を着る
  • 1ヶ月で1㎏だけ落とす

 

1つクリアするごとに達成感が生まれて、自分に自信もついてきますよ。

 

2ウェアやトレーニング器具などを新しくする

 

ウェアやシューズ、トレーニング器具などを自分好みのものに新調してみましょう。

 

お気に入りのブランドや色などでトレーニンググッズを揃えれば、気分が上がり筋トレへのモチベーションもアップするはず!

 

ジムでトレーニングをしている場合は、ボディラインが出るウェアを購入して、「この服を着こなす!」と目標を決めるのも良いでしょう。

 

宅トレの場合は、可愛いトレーニングウェアや使いやすいトレーニング器具を新調してモチベーションを上げてくのがおすすめです。

 

3.トレーニング環境を変えてみる

 

ずっと同じ環境でトレーニングをしていると、気分も筋トレへのモチベーションも上がりにくいものです。

 

ときにはトレーニングをする環境を変えて、心機一転!

 

家でトレーニングしている場合はスポーツジムやフィットネスジムに行く、スポーツジムに通っている場合は単発・都度払いでパーソナルジムに行くなど、自分が頑張れる場所に足を運んでみましょう。

 

環境を変えるだけでも、トレーニングのやる気につながりやすくなります。

 

4.筋トレ仲間を見つける

 

筋トレ仲間を見つけて、励まし合いながらトレーニングをする方法もおすすめです。

 

トレーニング仲間を見つければ、「自分も負けてられない!」「一緒にダイエットを頑張りたい」など、刺激を受けることも多くあります。

 

友人や家族を誘って一緒にダイエットしたり、SNSでトレーニング仲間を見つけたりと、1人でトレーニングするのではなく仲間を作って行ってみましょう。

 

5.パーソナルトレーナーに指導してもらう

 

パーソナルジムに入会し、トレーナーに指導してもらう方法もおすすめです。

 

パーソナルジムに通うと、正しいトレーニング方法や食事のアドバイスなどがもらえてより効率良く鍛えることができます。

 

また、お金を払うことで「トレーニングに行かなきゃ!」といった使命感にかられるため、筋トレへのモチベーションも維持しやすいでしょう。

 

「1人では筋トレが続かない!」と思ったときは、効率的にトレーニングできるパーソナルジムに入会するのもひとつの手ですよ。

 

まとめ

 

筋トレは短期間で効果が実感しにくいことから、「モチベーションが維持できない」と思う女性も少なくありません。

 

モチベーションが維持できないときは、その原因を探ってから対処法をチェックすることが大切です。

 

トレーニング環境を変えてみたりトレーニング仲間を作ってみたりと、今日ご紹介した「モチベーションを上げる方法」をチェックし、コツコツと筋トレを継続していきましょう。

 


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。