20分未満の有酸素運動に効果はあるのか?現役パーソナルトレーナーが解説します

 

今回は、「20分未満の有酸素運動に効果はあるのか?」について現役のパーソナルトレーナーである私が解説いたします!

有酸素運動の話になるとよく通説とされるのがこの「時間による体脂肪燃焼効果の違い」です。

 

厳密には20分未満の有酸素運動には体脂肪燃焼効果がないということが言われていますが、果たしてこれは本当なのでしょうか?

今回のコラムではこの内容について徹底的に解説していきますので、是非本日も勉強して行って下さい。

それではやっていきましょう!

 

20分未満の運動に効果はない?

 

20分未満の運動に効果はないのでしょうか?

結論から言えばそんなことは絶対にありません。

20分未満であれその運動を継続している以上必ず消費カロリーに貢献しています。

 

そもそも前提として有酸素運動で消費されるカロリーはかなり少ないです。

体重・ペースにもよりますが大体1時間のランニングで、ご飯のお茶碗一杯分のカロリー(約250カロリー)しか消費しないと言われています。

 

ですので運動のみでダイエットととして体脂肪を燃焼させるのはスポーツ選手のアスリート並みの運動量が求められます。

なのでスポーツ選手でない一般の方程度の運動量では、ダイエットを成功させるのは難しいです。一般の方がダイエットを成功させるためには食事の調整が不可欠です。

 

そもそも、その活動時間に限らず運動だけに頼ったダイエット方法は成功確率が低く、例え成功できた場合でもその運動量は非常に過多なものになるため、運動習慣を継続させるのはかなり困難を極めるでしょう。

 

20分未満の運動にも効果はある

 

先ほどの章でお話しさせていただいたように有酸素運動にはそれだけでダイエットを成功させるほどの効果は期待できないです。

お食事の調整と運動が車輪両輪の様に相互作用しあって初めて一般の方のダイエットが成立します。

 

ですが、決定的な要素はないにしてもダイエットにおいて好意的な影響を与えることは確かです。

以下ではその有酸素運動で得られるダイエットにおける好影響をお話ししていきたいと思います。

 

有酸素運動を取り入れることにより生活習慣の改善が期待できる

 

日常生活の中に有酸素運動を挟むことによって、日常生活において運動不足の状態が無くなります。

また運動を挟むことによって比較的日中を活動的になることが多いですので相乗的に1日の消費カロリーが増加します。

 

もちろん何度も行っている通り、この向上した消費カロリーがダイエットにおいて決定的な体脂肪減少の引き金になることはないですが、その状態で食事のカロリー量を制限することにより、つつがなくダイエットを計画通りに進めることができます。

 

この章の内容をまとめると20分以下の有酸素運動でも日常の運動不足を解消し、日常の活動代謝による消費カロリーを不足させないようにする効果があります。

 

この有酸素運動による好影響は非常に重要です。

先ほどもお話しした様にダイエットは食事と運動の両輪がしっかり機能していることが大切です。

 

運動だけして中々体重が減らないパターンも独学のダイエットではよく見られますが、逆に食事の制限にばかり目がいってしまい、運動による消費カロリーが足りなくなり、必要以上に食事制限をして、大きく負荷をかける場合も見られます。

 

効果のない運動とは?

 

最後に効果のない運動をご紹介します。

 

ここまで運動の有用性についてお話ししていきましたがダイエットにおいて効果のない運動もあります。

それは「一時的な運動」です。

 

運動は継続しないとその効果がありません。先述した20分未満の運動でも継続していることが前提です。

どんなに大変な運動でも継続しなければその効果を得ることは難しいです。

運動するときは必ず継続することを考えてその強度や量を調節しましょう。

 

まとめ

 

運動・トレーニングはその時間・強度に限らず身体に良い影響を与えます。

少しづつで大丈夫ですので、日々欠かさず身体を動かしていきましょう!

 

自己流で運動をするのが難しいという方は、是非パーソナルジムまで足をお運びください。

お客様の理想の体へ近づくお手伝いを私たちに任せて頂けたらトレーナー冥利に尽きます。


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。