フルーツはダイエット中に食べていいの?食べることによるメリットをトレーナーが解説します

 

みなさんフルーツは食べますか?「りんご」「バナナ」「イチゴ」などなど様々なフルーツがありますし、どれも甘くて美味しいですよね。

 

そんなフルーツですが、ダイエット中に食べていいのか気になりませんか?

今回は、フルーツ大好きな人のためにダイエット中にフルーツを食べていいのかどうかを現役パーソナルトレーナーが解説します。

 

フルーツの栄養素

 

フルーツには色々な種類がありますが基本的な栄養素として「ビタミンC」「食物繊維」「カリウム」「果糖」が含まれています。

「ビタミンC」は美容に効果的ですし「食物繊維」は食後に急激な血糖値の上昇を抑える効果があり「カリウム」には塩分の排出を助けて塩分過多を防いでくれます。「果糖」はその名の通り糖質なので体を動かすエネルギーとして有効活用できます。

どれも美容・健康には効果的な栄養素しかありません。

 

ビタミンなどダイエットに有効な栄養素についてまとめた記事があるので、気になる方はぜひご覧ください。

ビタミン・ミネラルで痩せやすい体を作れる?!ダイエットに必須の栄養素!

 

ですが、この中で1つだけダイエットに不向きな栄養素があります。それは「果糖」です。

「果糖」とは糖質なので、糖質制限ダイエット中に摂取することは推奨されません。

 

糖質制限ダイエットではない場合も、糖質を摂りすぎると血糖値が急上昇してインスリンというホルモンが分泌され、エネルギーに変えきれなかった余った糖を脂肪に変えてしまうため気をつけなければいけません。

どの方法のダイエット中でも糖質はかなりの天敵になるんですよね、、、

 

フルーツはダイエット中に食べれる?

 

フルーツに含まれる栄養素については大体わかっていただけたかと思います。

結局フルーツはダイエット中に食べていいの?という疑問についてですが、結論から言うと「食べてもいい」です。

 

先ほども説明させていただいた通り、フルーツには体に良い栄養素が含まれていますし何より甘いものを我慢している時のダイエット中には心強い味方になってくれます。

 

特に糖質はトレーニング後に摂取すると筋肉の合成を助けてくれる効果があるので、トレーニングをする人にもおすすめです。

 

しかし、どんなものでも食べ過ぎればカロリーの摂り過ぎになって太ってしまいます。フルーツを食べる際はしっかりとカロリーと糖質量を把握して、食べ過ぎにならないように注意しながら食べるのが大事です。

 

主なフルーツのカロリー・糖質量を以下に記載してみますね

 

  • アボカド1個 260kcal 1.3g
  • バナナ1本 110kcal 28.2g
  • イチゴ1個 10kcal 1.2g
  • りんご1個 150 kcal 41.6g
  • グレープフルーツ1個 110 kcal 25.8g
  • ブルーベリー10粒 5kcal 1.0g
  • キウイ1個 40kcal 8.4g

 

アボカド、バナナ、りんごのカロリーが意外と高いですよね。特にアボカドは1個食べるだけでかなりのカロリーを摂取できてしまうため糖質制限をしていない場合はかなり気をつけて食べなければ太る原因になってしまいかねません、、、

 

アボカドに限らず、他のフルーツもバクバク食べてしまうとあっという間にカロリー過多になってしまい簡単にダイエット失敗してしまいます。

食べ過ぎを防止するためにも、「できるだけまとめ買いを避けてストックしない」「食べる分だけ出しておき、食べない分は冷蔵庫などにしまっておく」などの工夫をするのも大事ですよ!

 

それと、ドライフルーツは砂糖やオイルでコーティングされていて高カロリーになっているものがほとんどなので、買う際には栄養素をしっかりと確認してダイエットに向いているかどうか判断して買うようにしましょう。

 

まとめ

 

ダイエット中のフルーツについて解説しました。

糖質制限などのダイエットを行なっている際はどうしても甘いものが食べたくなってしまいますよね。そんな時にフルーツを上手く使うことができれば甘いものを我慢せずにダイエットを行うことも可能です!

 

みなさんもフルーツを上手く使ってダイエットを継続して、理想の体になってくださいね!


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。