納豆はダイエットや健康の味方!痩せたい人は毎日食べるべき理由をトレーナーが解説します

 

みなさん納豆は好きですか?僕は毎日食べるくらいには大好きです!

納豆って独特の匂いとネバネバがあるので好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね、、、

 

そんな納豆ですが、ダイエットや健康に凄く効果的な食べ物なんです!

今回はそんな納豆についてパーソナルジムで指導をしているトレーナーが解説したいと思います。

 

納豆に含まれる様々な栄養素

 

納豆とは、加熱した大豆の表面に納豆菌を増殖させた発酵食品で、昔から栄養価が高く健康や美容に良いと言われています。

そんな、納豆の何が健康や美容に良いのか解説しますね。

 

①大豆イソフラボンが脂肪蓄積を抑えてくれる

 

納豆に含まれている「大豆イソフラボン」にはダイエットの妨げになる悪玉コレステロールを低下させる効果があります。

悪玉コレステロール値を下げることによって、余計な脂肪を蓄積させづらい体になったり、動脈硬化を予防することができます。

 

②腸内環境を納豆菌で改善して便秘予防できる

 

あの納豆の独特な風味を生み出している「納豆菌」は、腸内で善玉菌が増えるのを手助けしたり、悪玉菌の増殖を抑えたりしているので、腸内環境の改善に役立ちます。

 

ダイエットをする際の食事制限で便秘になってしまう人も居ますが、納豆を食べて納豆菌や食物繊維を摂取することにより腸内環境が整い、便秘の予防や解消をすることができます。

 

③ナットウキナーゼが脂肪燃焼を助けてくれる

 

納豆ってネバネバしてますよね?あのネバネバが「ナットウキナーゼ」と呼ばれるものです。

 

ナットウキナーゼという酵素の働きにより、血栓が溶かされることにより血液がサラサラになり、血行が良くなります。

血行が良くなることによって、代謝が上がって脂肪燃焼しやすくなので痩せやすい体になることができます!

 

④カリウムでむくみ解消が期待できる

 

納豆にはカリウムが含まれています。

このカリウムは、余分に摂りすぎてしまった塩分を排出してくれるのでむくみ解消効果も期待できます。

 

普段から塩分の多い食事をしてしまいむくみやすい人には特にオススメです。

 

納豆は1日に2パックまで!

 

ダイエットや健康に効果的な納豆ですが、とにかく食べまくれば良いという訳ではありません。

 

食べる量は多くても1日2パックまでにしておきましょう。

納豆を1日に2パック以上食べてしまうと、下記の恐ろしい症状が現れる危険性があるので注意してください。

 

①下痢

 

納豆にはプリン体が含まれています。

プリン体を多く摂取しすぎてしまうと痛風の原因になってしまうので注意が必要です。

 

②下痢

 

納豆にはセレンという成分が含まれています。

このセレンという成分は抗癌作用や細胞の老化を防ぐ効果があると言われていますが、過剰摂取してしまうと中毒症状を起こしてしまい、下痢や嘔吐などの症状を引き起こしてしまう危険性があります。

 

③女性ホルモンのバランスが崩れる

 

納豆に含まれている大豆イソフラボンには乳がん予防に効果的です。

ですが、大豆イソフラボンの過剰摂取によって、女性ホルモンのバランスが崩れる可能性があります。

 

女性ホルモンのバランスが崩れてしまと、

 

・「月経周期が遅れる」

・「子宮内膜増殖症」

・「乳がんの発症・再発のリスク」

 

など、様々な悪影響を引き起こしてしまう危険性があります。

乳がん予防のために摂取しているのに、発症してしまうリスクを高めてしまうのは避けたいですね。

 

まとめ

 

今回は納豆についてお話ししました。

納豆は栄養素が豊富に含まれていて、ダイエットや健康に良い食品です。

特に納豆が嫌いという訳でない人は毎日食べてほしいと思うくらいにはお勧めしたいです!

 

ですが、説明した通り食べ過ぎると逆に健康を害する可能性があるので1日2パックまでというのは絶対に守ってくださいね。

食べても1日2パックまでというだけで、1日1パックだけでも健康には効果的ですので夜に1パックだけでも食べると効果的なのでオススメですよ!


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。