汗をかく人は代謝が上がって痩せる?ダイエットで代謝を上げるにはこれをしよう!

 

みなさん汗かいていますか?

 

汗をかくと代謝が良くなって痩せやすくなるイメージがありますよね。

でも、実はそんなことないんです!汗っかきで代謝が良い人ももちろんいますが、汗っかきで代謝が悪い人ももちろん居ます。

今回はそんな汗っかきのお話と、代謝を上げて痩せやすい体を作るための話をしようと思います。

 

痩せやすくなる基礎代謝の仕組み

 

ダイエットが気になっている人は聞いたことがあるであろう「基礎代謝」ですが、大雑把に言うと生命活動に必要なエネルギーのことです。

 

流石に大雑把すぎるのでもう少し詳しく説明すると、じっとしている時でも心臓を動かしたり、血液の供給などで常に使われているエネルギー消費のことです。肝臓、脳、筋肉の順番で消費されています。

 

基礎代謝以外にも、日常生活の動作や運動(通勤で歩いたり)などで体を動かした際に使われるエネルギー消費の「生活活動代謝」や、食事をする際に発生するエネルギー消費である「食事誘発性耐熱産生」の2種類があります。

 

1日の消費エネルギー量は、基礎代謝=60%・生活活動代謝=30%・食事誘発性熱産生=10%になります。基礎代謝が1番大きいので、基礎代謝を上げることで1日の消費エネルギー量を増やしやすくなります。

 

代謝が悪くなってしまうと体温が下がってしまい、体を温めようとして皮下脂肪を蓄えるので痩せにくい体質になってしまいます。

逆に、代謝が良くなると体が温まりエネルギー消費量が増えるので、太りにくい体質になることができます。

 

代謝が悪いのに汗をかく人もいる

 

汗をかいているからといって代謝が良いとは限りません。

汗をかいているのにも色々と原因があります。

 

①冷え性な人

 

汗っかきでも手足などの末端が冷えやすい人は「隠れ冷え性」の場合が多いです。

 

運動すると汗をかくのは必要以上に上がった体温を冷やすためですが、少しの運動で大汗をかく場合は体が余分な水分を溜め込んでしまっていることが原因ということが多いです。

また、隠れ冷え性の人は内臓の機能や基礎代謝が低いので痩せにくいと言われています。

 

②運動不足な人

 

運動不足の傾向がある人は、ワキなどの汗をかきたくない場所によく汗をかくようになります。

 

これは、普段汗をかく機会が少ないために汗腺が衰えてしまうことによって体全体の汗の量が減っても、体の一部だけで汗をかいて体温を調節しているためです。

 

③ストレスの多い人

 

緊張することなどの精神的ストレスによって大量に汗をかくことを「精神性発汗」と言います。

手のひら、足裏やおでこなどに大量の汗をかくあの現象です。

 

代謝をあげて痩せやすくなる方法

 

痩せやすい体になるためには代謝を上げることが大切です。

これからダイエットを始める人も、もう始めている人もこれを参考にして代謝を上げていきましょう!

 

①起床後のストレッチで基礎代謝を上げる

 

起床後にストレッチをすることによって、自律神経を整えて血流をよくする効果があります。また、寝起きに1杯水や白湯を飲むのも基礎代謝が向上するのでオススメです。

 

筋トレによって筋肉を鍛えて消費エネルギーを増やしたり、食習慣や睡眠を見直して内臓の働きを良くするのも大事になります。

 

②通勤などの移動時間で活動量を増やす

 

通勤などで移動する際に、胸を張って姿勢良く歩く、エレベーターでなく階段を使うなど、日常の動き方を工夫するだけでエネルギー消費量を増やして生活活動代謝を上げることが出来ます。

 

③食事の前にストレッチをする

 

食事の20〜30分前にストレッチなどで軽く体を動かしておくと食事の際の食事誘導性熱産生が高まり、消費エネルギーが高まります。

また、食事の内容も炭水化物ばかりでなくたんぱく質も意識して摂取できると筋肉に栄養がいくのでオススメです。

 

まとめ

 

ダイエットをする際に切って離せないのが「代謝」です。

 

消費カロリーを増やすことによって痩せる体を作ることができるので、日常生活の中にストレッチなどのちょっとした運動をプラスして痩せる体を作っていきましょう。

理想の体になるためには、日々の積み重ねが一番大事ですよ!


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。