【女性必見】ダイエットをする際の摂取カロリー量とは?

ダイエットを始める際は、食事制限や運動を始めようと思いますよね。

 

運動は怪我などに気をつければ良いので、やりすぎて体を壊すという可能性は少ないです。(それでもやり過ぎて体調を崩すという人は居ますが)

 

食事制限の方は、とにかく食事を減らす!と意気込んで勢いのままに減らしてしまい、体の調子が悪くなったり、逆に痩せにくくなってしまったりという人が多いです。

 

そのような状況にならないためにも、1日に必要な摂取カロリーを理解する必要があります。

 

今回は、ダイエットをする際の摂取カロリーについて解説していきます。

 

摂取カロリーを理解するためにも自分のBMIと理想体重を理解する

 

摂取カロリーを理解するためにも、まず自分のBMIや理想体重を理解しましょう。

何事も始める前は現状把握が大切です。

 

①BMIの計算方法

 

BMI(Body Mass Index)とは体格指数とも呼ばれている、体重と身長から算出された肥満度のことです。

これが全てとは言えませんが、自分が太っているかどうかの指標としては使えるので覚えておいて損はありません。

 

【BMI=(体重=kg)÷(身長=mの2乗)】

 

この数字から割り出せる数字を元に以下の3つの肥満度に分類します。

 

BMI18.5未満=痩せている

BMI18.8以上25未満=普通体重

BMI25以上=肥満

 

身長が165cmで体重60kgの女性はBMI22なので普通体重になります。このBMIが25を超えることにより生活習慣病のリスクが2倍になり、30を超えると今すぐ減量を始めることが必要になります。

 

②BMIから見る理想体重

 

ダイエットを行う場合は、自身の身長から理想のBMIを割り出して目標体重を決めて行いましょう。

 

その目標としたい体重がBMIでわかります。

BMI22になる時の体重が標準体重と言われており、最も健康的な体重です。

標準体重は下記の式で簡単に求めることが出来ます。

 

【標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22(BMI)】

 

この式を使うと、身長が165cmの女性は59.9kgが標準体重だと分かります。

 

まずはこの体重を目指していき、目標体重になったら自分の見た目を確認して更に痩せるかどうか判断するのがオススメです。

その際BMIが20を切るくらいまで痩せてしまうと痩せすぎになってしまうので、気をつけるようにしましょう。

 

ダイエットを行う際に最適な摂取カロリー量の求め方

 

ダイエットを行う際に意識したいのは「1日の摂取カロリー量」です。

BMIなどを使って自分の目標体重を決めることが出来たら、その体重まで減量するために必要なカロリーを求めましょう。

 

①自分の基礎代謝を求める

 

1日の摂取カロリー量を求めるためにも、まずは基礎代謝量を知りましょう。

基礎代謝とは、僕たち人間が生命活動を維持するために消費する必要最低限のカロリーの事なので、この基礎代謝を知ることは必ず必要になります。

 

基礎代謝の計算式は以下の通りです。

 

「目標体重(kg)×基礎代謝基準値=1日あたりの基礎代謝量(kcal)

 

ここで出てくる女性の「基礎代謝基準値」は以下の通りです。

 

18~29歳=22.1

30〜49歳=21.7

50〜69歳=20.7

 

年齢30歳の女性で目標体重が60kgの場合は「1302kcal」が基礎代謝量になります。

 

②ダイエットに最適な1日の摂取カロリー量を求める

 

ようやく一番知りたい「ダイエットを行う際に最適な1日のカロリー量」を求めていきます。

先程の「基礎代謝量」とは別に、「通勤・通学」や「家事・運動」などで消費されるカロリーも合わせて計算していきます。

 

「ダイエットに最適な1日の摂取カロリー量(kcal)=1日の基礎代謝量(kcal)×身体活動レベル」

 

身体活動レベルに当てはめる数字は以下の通りです。

 

レベル1(1.5)=生活の大半が座っていて、あまり運動をしない人

レベル2(1.75)=基本的には座って過ごしているが、仕事や家事などで立っていたり毎日通勤などで軽く歩いたりする人

レベル3(2.0)=基本的に移動したり立って過ごしている人。スポーツなどでよく動く人も当てはまる。

 

この式を使うと、年齢30歳の女性で目標体重が60kgの人(基礎代謝量1302kcal)で身体活動レベルが1の人は「1953kcal」がダイエットに最適な1日のカロリー量だと言うことが分かります。

 

ダイエットを行う際は、この数字を目安に食事制限をしていきましょう。

 

まとめ

 

ダイエットを行う際は極端に食事を減らしてしまい、結果ダイエットに挫折してしまう人が多いです。

 

最近は糖質制限やファスティングが話題になっているためついつい手を出しがちですが、後々リバウンドしやすくなってしまうためオススメできません。

 

自分が食べても良いカロリー量をしっかり把握して、無理のない食事制限を行うようにしましょう。

 


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

ダンベルダイエットは30代・40代女性におすすめ!その効果とは?

 

「ダイエットをしたいけど、何から始めれば良いか分からない」と、お悩みではありませんか?

 

ランニングや筋トレなどの辛い運動は、継続するのが難しいですよね。

 

そんなときは、ダンベルダイエットに挑戦してみましょう!

 

ダンベルダイエットは、30代・40代の女性におすすめの運動法です。

 

今回は、ダンベルダイエットが30代・40代におすすめの理由や、ダンベルを使用した運動メニュー4選を一宮市のパーソナルジムに所属している現役トレーナーがご紹介します。

 

ダンベルダイエットって何?

 

ダンベルダイエットとは、ダンベルを使用してエクササイズや筋トレなどを行うことです。

 

ダンベルを使用してトレーニングすることで、ほどよく負荷がかかり脚や腕など気になるところを効率良く鍛えることができます。

 

使用するものはダンベルのみ!そのため、置き場所にも困らずいつでもやりたいときにできるのが、ダンベルダイエットの魅力です。

 

また、トレーニングメニューは比較的簡単なものが多いため、「運動が苦手…」というかたでも安心して行えますよ。

 

ダンベルダイエットが30・40代女性におすすめの理由

 

ダンベルダイエットは普通に筋トレを行うより効率良く筋肉をつけられるため、基礎代謝が低下しがちな30代・40代におすすめなんです。

 

30代・40代に入って「なんだか太りやすくなった…」と思うことはありませんか?

 

それは、運動不足などで筋肉量が徐々に減り、基礎代謝が低下したことが原因かもしれません。

 

基礎代謝が低くなると1日の消費カロリーが減ってしまい、何もしなくても太りやすくなってしまいます。

 

20代の頃のように自然と痩せやすい体質に戻すためには、効率良く筋肉をつけて基礎代謝を上げることが大切です。

 

効率良く筋肉をつけるためには、ほどよい負荷がかけられるダンベルを使用したトレーニングがおすすめ。

 

ダンベルダイエットは通常の筋トレよりも負荷が少ないため、トレーニングを継続させていきやすい運動法なんです。

 

どんなダンベルを選べば良い?

 

使用するダンベルは、ケガを防ぐためにも重すぎないものを選択してください。

 

女性の場合は、500g~1kgくらいの重さでOKです。トレーニングに慣れてきたら少しずつ重さを増やしていきましょう。

 

ダンベルは、握りやすく落としても床を傷つけにくい「ソフトダンベル」や、水を入れて重さを調節できる「ウォーターダンベル」など、種類がさまざま。

 

自分の使いやすいものを選んで、トレーニングを進めていきましょう。

 

ダンベルダイエットが続くか不安な場合はダンベルを購入せず、500ml~1Lのペットボトルに水を入れて代用してもOKですよ。

 

おすすめのダンベルダイエットメニュー4

 

それではここからは、ダンベルを使用したおすすめのダイエットメニューを4つご紹介します。

 

脚・腕・おなかなど、部位ごとに鍛えられるメニューをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

1.二の腕の引き締めに!ダンベルキックバック

 

ダンベルキックバックは、二の腕の裏を効率的に鍛えることができるため、ふりそで肉を落としたい女性にぴったりのメニューです。

 

<手順>

 

  1. 右手でダンベルを持ち、前傾姿勢を取る
  2. 右手の上腕を引き上げて、肘が90度になるように固定する
  3. 上腕を動かさないように意識しながら、肘を伸ばせるところまでまっすぐ後方に伸ばす
  4. ダンベルをゆっくり元の90度に戻し、これを繰り返す

 

背中を丸めず、上腕は動かさないように意識することが大切なポイントです。

 

ダンベルキックバックは、10回×3セットを目安に行っていきましょう。

 

2.バストアップ効果も!ダンベルプレス

 

ダンベルプレスは、二の腕の筋肉「上腕三頭筋」や、肩の関節周りの筋肉「三角筋」が鍛えられるほか、「大胸筋」も鍛えられるので、バストアップも期待できるメニューです。

 

<手順>

  1. 両手にダンベルを持ち、ベンチやイスに仰向けに寝転がる
  2. ダンベルを持った手をまっすぐ上に持ち上げる
  3. できるだけ深いところまでゆっくり下げる
  4. 下ろしきったら、腕をグッと伸ばし元の状態に戻す

 

胸を張って肩甲骨を寄せた状態でスタートさせると、効率良く鍛えていくことができます。

 

また、ダンベルを下ろすときは2秒ほどかけて下ろし、元の状態に戻すときはグッと勢いよく上げましょう。

 

こちらも10回×3セットを目安に行ってくださいね。

 

3.下腹のぽっこりを解消!ダンベルクランチ

 

ダンベルクランチでは、腹筋の筋肉の一つ「腹直筋」を効率良く鍛えられるため、ぽっこりおなかを解消する効果が期待できます。

 

<手順>

 

  1. ヨガマットを引き、仰向けに寝転がり膝を立てる
  2. 両手でダンベルを持ち胸の上に構える
  3. 息を吐きながらダンベルを上に押し上げ、同時に肩甲骨や頭を持ち上げる
  4. ダンベルを上げられるところまで上げたら、ゆっくり元の体勢に戻す

 

ダンベルを高く上げるイメージで行うと、上手に鍛えやすいですよ。また、肘を伸ばしながら行うのが難しい場合は、胸の上に持った状態からスタートしましょう。

 

10回×3セットを目安に行ってください。

 

4.下半身の引き締めに!ダンベルスクワット

 

ダンベルスクワットは、お尻の筋肉や太ももなど、下半身全体を鍛えられるメニューです。

 

ヒップアップ効果が期待できるので、美尻を目指したい女性にもぴったりですよ。

 

<手順>

 

  1. ダンベルを両手に持ち、足は肩幅くらいに開いて立つ
  2. 胸を張り、両腕を太ももの横に垂らす
  3. お尻を突き出しながら膝を曲げる
  4. 太ももと床が平行になったら、斜め上を見ながらゆっくり膝を伸ばす

 

ダンベルを握る手にあまり力を入れすぎないように注意しましょう。また、腰を落とす際に、膝がつま先より前に出ないことも大切なポイントです。

 

正しいフォームで行わないと膝に負担をかけてしまうため、注意してくださいね。

 

ダンベルスクワットは、10回×3セットを目安に行ってみましょう。

 

まとめ

 

ダンベルを使用してトレーニングすると、ほどよく負荷をかけられるため効率良く筋肉をつけられます。

 

比較的簡単なメニューが多く続けやすいので、基礎代謝が下がりがちな30代・40代にピッタリ!

 

ダンベルダイエットをスタートさせるときは、ケガを防ぐためにも最初から無理な重さのダンベルは使用しないようにしてくださいね。

 

ぜひ、今回ご紹介したダンベルダイエットのメニューに挑戦して、引き締まった美しい体を目指しましょう。

 


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

ファスティングでは痩せられない!リバウンドしないダイエット方法をトレーナーが伝授します

 

ファスティングダイエットで頑張って断食しているけど思うように痩せないという経験をしたことはありませんか?

 

半日だけ断食したり、置き換えジュースだけを飲んで摂取カロリーを減らしたりするファスティングダイエットですが、実はこのダイエット方法で痩せることは難しいです。

 

今回はそんなファスティングダイエットが痩せない理由とリバウンドしないためのダイエット方法について一宮市のパーソナルジムに所属しているトレーナーが解説します。

 

ファスティングダイエットとは

 

ファスティングダイエットとは、「断食」によるダイエット方法のことです。

短期間だけ、「食事を摂らない」「食事を専用の置き換えドリンクに置き換える」などの方法を行なってダイエットを進めていきます。

 

このダイエットの特徴としては、食事を抜いて摂取カロリーを減らすのではなく、「内臓を休ませること」を狙っていることです。

 

ファスティングによって内臓を休めて、内臓のケアを行い体内の老廃物や毒素を排出しゅるデトックス効果が期待できます。

そうしてデトックスすることにより基礎代謝が上がると言われています。

 

ファスティングダイエットで痩せない理由

 

ファスティングダイエットは主にデトックス効果により痩せるダイエット方法です。

食事を抜くだけなので、カロリー計算など面倒なことを考えずに我慢するだけでしっかり痩せられるように思うかもしれませんが、残念ながらこのダイエット方法で痩せることはできません。

 

その理由を説明します。

 

①体重が減ってはいるが痩せてはいない

 

ファスティングダイエットはデトックスにより体内にあるものを排出します。

これにより水分や胃袋の中身が減るため、内臓がスッキリした感じを得ることができますし、体重を減らすこともできます。

 

ですがこの方法で体重を減らしても、体内の水分などが減っただけで脂肪は減っていないので、体重をキープすることが難しいです。

 

断食をやめて食事を食べだすとすぐに元の体重に戻ってしまうので、リバウンドしやすいダイエット方法です。

 

②太りやすい身体になる

 

ファスティングにより断食を行うと、3日間ほどまともに食事を摂取しない状態が続きます。

その状態の身体で食事をすると、身体は今まで不足していたエネルギーを補おうとして一気に栄養を吸収してしまいます。

一気に栄養を吸収してしまうことにより、栄養が脂肪に回されやすくなって太りやすくなってしまうのです。

 

それだけでなく、断食によって摂取カロリーが減ってしまうので基礎代謝が低下してしまいます。

基礎代謝が低下してしまうと、太りやすく痩せにくい身体になってしまうので、ファスティングは太りやすいダイエット方法と言えます。

 

ダイエットでリバウンドしないために意識すること

 

ではダイエットでリバウンドせずに痩せるためには何を意識すれば良いのか?をご紹介します。

 

①計画を立ててダイエットを行う

 

3日間の断食など、短期間でダイエットを行おうとすると断食などの極端な食事制限を行う必要があるためリバウンドの可能性が高くなってしまいます。

 

3食食べる食事制限で2ヶ月以上の期間を設定すると、断食のような無理な食事制限を行う必要がなく、健康的に体重を落としていくことが可能です。

 

また、トレーニングも併せて行うと運動習慣も付けられますし、トレーニングにより基礎代謝が上がりリバウンドの可能性を減らすことができるのでおすすめです。

 

②継続しやすい食事制限を行う

 

食事制限を行なって痩せても、食生活が元に戻ってしまうと体重もある程度は戻ってしまいます。

 

このようなリバウンドを避けるためにも極端な食事制限や運動を避け、3食しっかり食べて程よく運動するダイエットを行うことが大切です。

 

継続して食事制限を行うことにより、太りにくい食事を習慣化することができるので太りにくい生活を送ることができます。

 

③脂質を極力避けるように習慣づける

 

先程の習慣づけの話の続きですが、特に習慣にしたいのが「脂質を避ける食事選び」です。

 

三大栄養素と呼ばれる「糖質」「たんぱく質」「脂質」という栄養素があります。

糖質とたんぱく質は1g=4kcalなのですが、脂質は1g=9kcalなのでカロリー量が多いです。糖質とたんぱく質に比べて脂質は2倍太りやすいということです。

 

なので、太りやすい脂質を避ける食生活を送ることにより、普段から太りにくい食事選びを行うことができます。

 

まとめ

 

ファスティングダイエットはダイエットという名前が付いていますがダイエットには適していません。

ファスティングによる断食の目的はダイエットではなく「デトックス」です。

 

しっかりとダイエットを行い痩せたい人は、食事制限で摂取カロリーを減らし運動で消費カロリーを増やす生活を心がけましょう。

 

無理なダイエットはリバウンドや健康を害する原因になってしまいますよ。

 


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

痩身エステでダイエットは無理!痩せられない理由をトレーナーが解説します

 

痩せるために痩身エステに通った人の中には効果があった人となかった人と別れますよね。

 

痩身エステで効果を実感できた人は基本的に「食事制限」を並行して行っています。

痩身エステだけで痩せることはかなり難しいです。

 

今回はそんな痩身エステについて一宮市のパーソナルジムに所属しているトレーナーがお話しします。

 

痩身エステとは

 

痩身エステとは、マッサージやマシンなどによる施術で痩せることを目的としているものです。

パーソナルジムなどでトレーニングを頑張るダイエットとは違い、施術してもらい楽に痩せるダイエット方法になります。

 

痩身エステはさまざまな施術方法があるので、それをご紹介します。

 

サウナ・ゲルマ混浴

 

サウナ・ゲルマ混浴により発汗を促して、体内に溜まった老廃物を排出するデトックス効果を狙った施術です。

 

痩身エステで主に使用される「遠赤外線ドームサウナ」は、通常のサウナよりも温度が低めに設定されており頭もドームの外に出ているので、サウナが苦手な人でも気軽に施術を行えるのが特徴です。

 

ゲルマ混浴とは、ゲルマニウム粉末を溶かしたお湯に手足を入れて全身を温めることにより、全身からの発汗を促します。

 

ハンドマッサージ

 

ハンドマッサージを受けることにより硬くなってしまった体が揉みほぐされ、リンパの流れが促進されることによる新陳代謝の活発化を狙った施術です。

 

リンパの流れが良くなるだけでなく、老廃物の排出も促進されるためむくみの解消も期待できます。

 

 

マシンを使った施術

 

マシンを使った施術にはさまざまな種類があります。

 

EMS

 

EMSとは、「Electrical Muscle Stimulation」の略で、外から電気の刺激により筋肉を収縮させて、トレーニングをせずに筋肉を鍛えることを目的としたマシンです。

 

寝ながら筋肉を増強させることにより、基礎代謝をアップさせ痩せやすい体を作る事が目的になります。

 

キャビテーション

 

キャビテーションとは、超音波を脂肪細胞に当てて振動させることにより気泡を発生させて、気泡が弾ける力で脂肪が破壊され乳化することを目的としたマシンです。

 

乳化された脂肪細胞は血中に溶けて体の外に流れやすい状態にはなるのですが、一番大事な脂肪細胞の排出を促す効果は期待できないため、このマシンのみで痩せることはできません。

 

ラジオ波

 

高周波で体の奧の水分を細かく振動させることにより、体内に熱を発生させて体温を上げて代謝を上げ、老廃物を体の外に排出することが目的です。

 

先ほどご紹介した「キャビテーション」と組み合わせるとダイエット効果が高まります。

 

カッピング

 

カッピングは「吸い玉」と呼ばれる真空カップをつけて吸引することにより、滞った血液やリンパの流れをスムーズにして代謝を促し老廃物を排出することを目的としたマシンです。

 

カップを吸着させた箇所に血液が吸い寄せられた痕が残ってしまうため、夏などの薄着で過ごす場合は避けた方が良いです。

痩せたければしっかり運動と食事管理を行う

 

先ほど紹介した痩身エステによって痩せることは難しいです。

体内の水分が減少することにより、一時的には体重が減ったりすることはありますが、その効果が持続することはないでしょう。

 

実際、痩身エステに行くとしっかり食事管理をするように指導を受けます。痩身エステを受けるだけで痩せるのであればファスティングなどの極端な食事管理は必要ないはずですよね?

私たちの体は日々の食事によって作られているのです。

 

また、このような方法で痩せたとしても、すぐリバウンドしてしまいます。

痩身エステの効果も多少はあるかもしれませんが、ほぼ食事制限の効果だけで痩せることになるため、脂肪だけでなく筋肉も一緒に減ってしまいます。

筋肉が減ってしまうことにより、基礎代謝が下がり痩せにくく太りやすい身体になってしまうのです。

 

リバウンドを防ぐためには、食事制限と同時に運動も行い、筋肉を落とさないように脂肪を落としていくことが大切です。

 

まとめ

 

痩身エステを受けることにより一時的に体重を減らすことは可能です。

ですが、一時的に減るだけなのでダイエットに成功したとはとても言えません。

 

ダイエットを成功させるためには、ファスティングなどの断食のような極端な食事制限ではなく、日々の食生活を改善することがかなり重要です。

エステに通うお金でダイエットのための食事管理について学んでみてはいかがでしょうか?

 

食事は一生ものの知識になるので学んでみる価値はありますよ。

 


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

40代女性におすすめ!トレーニング初心者でも始めやすい筋トレ3選

 

「筋トレは若い人がするもの」と思い、ついついトレーニングすることを避けてはいませんか?

 

実は40代にこそ筋トレはおすすめ!体を引き締めること以外にもさまざまなメリットがあるんです。

 

今回は、40代から筋トレを始めるメリットや、トレーニング初心者にもできるおすすめの筋トレメニュー、トレーニングをする際の注意点などを一宮市のパーソナルジムに所属している現役トレーナーがご紹介します。

 

健康維持をしたいかたや、美しい体をゲットしたい女性はぜひチェックしてくださいね。

 

40代から筋トレを始めるメリットとは?

 

筋トレは女性にとってメリットだらけ。体が引き締まる、キレイに痩せられること以外にも2つのメリットがあります。

 

40代だからこそ得られるメリットばかりなので、確認してみましょう。

 

メリット1.基礎代謝が上がり太りにくい体になれる

 

筋トレを定期的にすることで、筋肉量が増えて基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がると、脂肪は燃焼しやすくなるのです。

 

基礎代謝は10代をピークに徐々に減少し、40代に突入すると「食べる量は増えていないのに太ってしまう」「運動しても痩せない」というかたが多くなります。

 

50代に突入すると基礎代謝はガクッと下がり、さらに太りやすい体になってしまう恐れが。だからこそ、40代のうちに筋肉量を増やし、基礎代謝を上げることが大切なのです。

 

基礎代謝を上げてくれる筋トレは、痩せやすく太りにくい体づくりの手助けをしてくれますよ。

 

メリット2.筋力アップで疲れにくい体に

 

筋トレで筋肉量を増やすことで、疲れにくい体づくりができます。

 

40代に入り「少し運動をするだけで疲れる…」「何もないところでつまずく」というお悩みを抱えるかたも多いのではないでしょうか?それは、足腰の筋肉量が減少していることが原因かもしれません。

 

減ってしまった筋肉だけで今まで通りの生活をすると、残っている筋肉の負担が増えて疲れやすくなります。「疲れるから動きたくない…」となると、ますます筋肉は減り負のループに・・・。

 

日頃から筋トレをすることで筋肉量がアップし、疲れにくい体づくりをすることができます。また、関節回りの筋肉をつけることで、膝関節のお悩みや腰痛予防にも役立つでしょう。

 

効果を実感しやすい筋トレの頻度

 

筋肉を休ませる期間をつくることが、効率よく筋肉をつけるポイントです。トレーニングは、週2~3回を目安に行いましょう。

 

毎日トレーニングをしてしまうと筋肉の疲労が回復せず、せっかくトレーニングをしても逆効果になってしまう可能性があります。

 

全体的にバランスよく鍛えていくためにも、週2~3回くらいの頻度で、おなか・脚・お尻など、部位ごとの筋トレを行いましょう。

 

40代女性におすすめの筋トレメニュー3

 

ここからは、40代のトレーニング初心者におすすめの筋トレメニューをご紹介します。

 

少しずつ自分のペースで続けていくことが大切なので、無理せずゆっくり体に慣れさせていきましょう。

 

1.ワイドスクワット

 

ワイドスクワットは、腰まわりや下半身を鍛えるトレーニングです。美尻や美脚効果がありますが、足腰に筋肉をつけることで、つまずき防止や膝痛の予防にもつながります。

 

<手順>

  1. 肩幅より少し広めに足を開き、つま先は45°ほど外側に向ける
  2. 姿勢を正し両手は腰の位置にあてる
  3. 太ももが床と平行になるくらいまでゆっくり腰を下げる
  4. 下げたらすばやく膝を伸ばし元の体勢に戻す

 

無理しすぎない程度に腰を下げて、10回×2セットほど行いましょう。慣れてきたら回数を増やしてみてくださいね。

 

また、ワイドスクワットの大切なポイントは、膝がつま先より前に出すぎないことです。正しいフォームで行わなかったり、膝が内側に入っていると膝を痛める危険もあるので注意しましょう。

 

2.膝つき腕立て伏せ

 

腕立て伏せは、二の腕の引き締めやバストアップなどの効果が期待できます。

 

しかし、トレーニング初心者には少し難しく、ケガをする可能性もあるので、慣れるまでは膝をついた状態でトレーニングを行いましょう。

 

<手順>

  1. 通常の腕立て伏せのポーズをして、膝をつく(両足は浮かせる)
  2. 息を吸いながら、肘をまげて身体を下ろす
  3. 息を吐きながら、両手で床を押し元の姿勢に戻る

 

腕立て伏せを行うときは、背中や腰が反らないようにお腹に力を入れましょう。膝をついてもできない場合は、四つん這いになった状態で腕立て伏せをしてもOKです。

 

10回×2セットくらいを目安に続けてみましょう。痛みがでた場合は無理に行ってはいけません。

 

3.バイシクルクランチ

 

キレイなくびれや、ぽっこりおなかにも効き目が期待できるバイシクルクランチ。腹筋トレーニングの中でも脂肪燃焼効果が高いといわれているので、ダイエット目的の女性におすすめです。

 

<手順>

  1. 仰向けに寝転がる
  2. 両手を頭の後ろで組み、両膝を90°に曲げて床から浮かせる
  3. わき腹をひねりながら、左肘と右膝を、右肘と左膝を交互に近づける

 

腹筋を意識しながら、10回×2セットほどを目安に行いましょう。膝と肘がくっつけられない場合は、近づくところまででOKです。

 

筋トレを始める際の注意点

 

40代で筋トレを始めるときは、無理をしすぎないようにしましょう。自分のペースに合わせて進めることが大切です。

 

今回紹介した筋トレの回数を、はじめからこなせなくても問題ありません。コツコツ続けていくことで、段々と回数をこなせるようになっていくはずです。最初から無理をしすぎないようにしましょう。

 

また、筋トレをしたことで体に痛みがでる、筋肉痛が長引く場合は、トレーニングを中止し十分に休息をとってください。

 

「一人で筋トレを行うのが難しい・・・」と思った場合は、パーソナルジムでトレーナーに指導してもらうのがおすすめです。

 

まとめ

 

40代から筋トレを始めると、基礎代謝が上がり太りにくい体になったり、疲れにくい体になるなどメリットがたくさん。年齢とともに筋肉量が減っていくからこそ、早いうちに筋トレを始めておきましょう。

 

自宅でトレーニングをする際は、正しいフォームを意識して無理せず続けていくことが大切です。

 

トレーニングは時間をかけても良いので、自分のペースで継続していってくださいね。

 


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

【30代女性向け】おすすめの筋トレグッズ5選!選び方や注意点をトレーナーが解説

 

30代に入り「痩せにくくなった」と思うかたも多いのではないでしょうか?痩せにくいのは、代謝の低下が原因かもしれません。

 

代謝を上げるためにも、自宅で筋トレを始めましょう。トレーニングをするときは、筋トレグッズを使用すると効率良く鍛えられます。

 

そこで今回は、30代女性におすすめの筋トレグッズや、その選び方などをパーソナルジムに所属している現役トレーナーがご紹介します。

「どの種類を買えば良いか迷う・・・」というかたは、ぜひチェックしてみましょう。

 

筋トレグッズを選ぶときのポイント

 

筋トレグッズはただ話題になっているものや、有名なものを購入するのではなく、選ぶときはこれから紹介する3つのポイントを意識してみましょう。

 

後悔しないグッズ選びができるはずです。

 

ポイント1.鍛えたい部位を確認しよう

 

自分がどこの部位を鍛えていきたいのかを、購入前に確認しておきましょう。

 

筋トレグッズは、腕・おなか・脚など鍛えたい部位によって使用するものが異なります。適当に選んでしまうと、思い通りのトレーニングができなくなってしまい「物置行き」という可能性も。

 

買ってから後悔しないためにも、事前にどこの部位を鍛えるかを決めてから筋トレグッズを選んでいきましょう。

 

ポイント2.邪魔にならないものを選ぶ

 

収納しやすいグッズを選ぶのも大切なポイントです。ジムとは違い、一度購入すると手放すまで自宅にずっと置いておくことになります。

 

収納できない大きすぎるものを購入してしまうと、掃除の邪魔になったりお部屋のインテリアを損なうこともあるでしょう。

 

収納しやすいものを選ぶか、お部屋に置いたままにしていても邪魔にならないサイズのものを選ぶと良いですよ。

 

ポイント3.安心・安全なものを選択しよう

 

筋トレグッズを選ぶときは、安心安全で使い続けやすいものを選びましょう。

 

値段が安くて作りが雑なものを選ぶとすぐに壊れてしまったり、ケガの原因になる可能性があります。

 

ネットで購入する場合は、購入者の評価などを確認してから安心安全なものを購入することも大切ですよ。

 

30代女性におすすめの筋トレグッズ5選

 

今回ご紹介する筋トレグッズは、お部屋に置いても邪魔になりにくく使い続けやすいものを集めました。

 

筋トレグッズ選びに悩んでいるかたは、是非参考にしてみてくださいね。

 

おすすめ1.腹筋ローラー

 

腹筋ローラーは、効率よく腹筋を鍛えられるトレーニング器具です。負荷は少し高めですが、おなか周りを引き締めたい女性におすすめ。

 

価格はお手頃なものが多く、小さいので収納場所にも困らないでしょう。

 

腹筋ローラーで鍛えられる部位は、腹直筋や腹斜筋だけではなく、上腕三頭筋も同時に鍛えられるので二の腕の引き締めにも効果があります。

 

トレーニング初心者は、タイヤの数が多く安定しやすいタイプを選ぶと良いでしょう。

 

おすすめ2.ダンベル

 

ダンベルは、二の腕のトレーニングにぴったりの筋トレグッズです。最近はカラフルでおしゃれな色合いのものも増えています。

 

二の腕の引き締めに効果があるダンベルですが、持ち方や動かし方を変えると、胸筋や背筋、腹筋なども鍛えられる優れもの。

 

トレーニング初心者の女性の場合、ダンベルの重さは2~3kgがおすすめです。自分の筋力に合わせて重さを選んでくださいね。

 

また、重すぎるダンベルはケガの原因にもなるため、いきなり重たすぎるものを選ばないように注意しましょう。

 

おすすめ3.トレーニングチューブ

 

背中や太もも、腹筋や腕など、全体的に鍛えられるトレーニングチューブ。筋トレだけではなく、ストレッチや体幹トレーニングにも使用できます。

 

両手で引っ張ったり、脚に引っかけて鍛えるなど使い方は簡単。筋力の少ない女性にも扱いやすく、小さいタイプが多いので収納場所にも困りません。

 

また、トレーニングチューブはソフトやハードなど負荷が選べるので、自分の体格や筋力に合わせて強度を選ぶようにしましょう。

 

おすすめ4.プッシュアップバー

 

プッシュアップバーは、胸筋や背中、二の腕などを効率よく鍛えることができる筋トレグッズです。腕立て伏せを普通に行うよりも効率的で、手首への負担も少ないというメリットがあります。

 

上半身を引き締めたい、二の腕のたるみを無くしたいというかたは、プッシュアップバーを使ってトレーニングしましょう。

 

また、プッシュアップバーは大胸筋も鍛えられるので、バストアップを目指す女性にもぴったりですよ。

 

しかし、トレーニング初心者のかたには少し負荷が高いため、膝をついた状態でスタートすることをおすすめします。

 

慣れてきたら、通常の腕立てスタイルで上半身を鍛えていきましょう。

 

おすすめ5.ヨガマット

 

筋トレや体幹トレーニング、ヨガなどをする際に必要なのがヨガマットです。トレーニングに特化したマットを購入すれば、滑りにくい、防音対策などに役立つでしょう。

 

ヨガマットは丸めてしまえるものや、たためるものが販売されているので収納場所に困ることも少ないです。また、腰や膝への負担を減らしてくれたり、ケガの防止にもなります。

 

撥水性が良いものを選ぶと、汗をたくさんかいてもお手入れが楽になりますよ。

 

筋トレグッズは自分に合うものを選ぼう

 

トレーニング初心者は、低負荷の筋トレグッズを選んで使用するようにしましょう。

 

自分の筋力に合わない高負荷なものを選んでしまうと、思わぬケガや事故の原因になったり、体がトレーニングについていけないという可能性があります。

 

低負荷のものからトレーニングをスタートして、慣れてきたら少しずつ負荷を上げていくようにしましょう。

 

効率よくトレーニングを進めていくためにも、自分の筋力にぴったりの筋トレグッズを選ぶことが大切ですよ。

 

まとめ

 

代謝が下がってしまう30代だからこそ、筋トレグッズを用意して効率よく筋肉をつけていきましょう。

 

筋トレグッズを選ぶときは、鍛えたい部位を決めてから収納しやすいタイプを選択するのがおすすめです。

 

自分の筋力にぴったりな負荷のものを選んで、理想の体に近づくトレーニングをスタートしてくださいね。

 


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

毎日の習慣が痩せる秘訣!今すぐできる5つの痩せ習慣をトレーナーが伝授します!

 

あなたの周りに「よく食べるのに全く太らない子」はいませんか?「私は食べれば食べるだけ太るのに・・・」と不公平さを覚える経験があるかたもいるでしょう。

 

食べても太らない人は、毎日の習慣が太りにくい手助けをしているのかも!

 

今回は、痩せやすい体になるための5つの痩せ習慣や、習慣づけるための秘策などをパーソナルジムに所属している現役トレーナーがお伝えします。

 

これから紹介する痩せ習慣をチェックして、痩せやすい体にしていきましょう。

 

痩せにくい人はNG習慣が原因かも?

 

「そんなに食べていないのに太ってしまう」と思うことってありますよね。もしかすると、太りやすくなるNG習慣を送っていることが原因かもしれません。

 

これから紹介するNG習慣を送っているかたは要注意です!ぜひチェックしてみましょう。

 

NG習慣1:朝食や夕食を抜いている

 

「太るから」と思い、朝食や夕食など1食食べずに過ごしてしまうと、体がエネルギー不足に陥り筋肉を分解して栄養を摂取しようとします。

 

そのため、筋肉量が減り基礎代謝が落ちてしまい痩せにくい体になってしまうのです。

 

また、1食抜いてしまうと体は危機感を感じ、次の食事の際に必要以上に栄養を吸収し溜め込もうとして太ってしまう可能性も。

 

食事を抜けば簡単に体重は落ちますが、デメリットも多いため注意しましょう。

 

NG習慣2:姿勢が悪く猫背

 

日頃から姿勢が悪く猫背になっていると、腹筋が緩んだ状態になり脂肪がつきやすくぽっこりおなかの原因に。

 

楽な姿勢なのでついつい猫背になりがちですが、太りやすくなる原因の一つなので日頃から腹筋に力を入れて美姿勢を保つことを意識しましょう。

 

NG習慣3:ながら食べをしている

 

ドラマや映画を見ながらポテチを食べていて、気づいたら1袋完食・・・なんてことはありませんか?

 

スマホを見ながら、本を見ながらの「ながら食べ」をしていると、食べることに意識が向かずついつい食べ過ぎてしまう原因になります。

 

食べるときは食べることに集中する、お皿にいれて事前に決めた量だけ食べるなど、食べ過ぎ予防をするように心がけましょう。

 

女性におすすめ!5つの痩せ習慣

 

先ほどは太りやすい習慣をお伝えしましたが、ここからは女性に行って欲しい5つの痩せ習慣をご紹介します。

 

毎日意識して行うことで、少しずつ痩せやすい体に変化していくはずですよ。

 

1:水を意識して飲む

 

1日1.2L~1.5Lを目安に、水を飲むようにしましょう。水を飲む際は、体を冷やさないように常温の水を飲むようにしてください。

 

水を飲むことで得られるメリットはたくさんあります。

 

・血行が良くなり代謝が上がる

・便秘の改善

・むくみの解消

 

このほかにも、空腹時に水を飲むとおなかが少し満たされ、食べ過ぎの予防にも効果があります。

 

ジュースやカフェオレなどカロリーのあるものではなく水を飲むことで、カロリー摂取を控えることもできるので水はとってもおすすめ!

 

しかし、水の飲み過ぎは体に毒になることもあるため、体重や身長に合わせて1日の摂取量を確認してから飲むようにしましょう。

 

2:3食欠かさず食べる

 

NG習慣でもお伝えしましたが、食事は抜かずに3食しっかり食べることが太りにくい体になるポイントです。

 

野菜、みそ汁、おかず、白米や玄米など、栄養バランスや1日の摂取カロリーを考えてしっかり摂取することが大切。

 

よく噛んで食べる、野菜やみそ汁から食べて血糖値の上昇を防ぐなど、食べるスピードや食べる順番を決めると、より太りにくく痩せやすい体へと変化していくでしょう。

 

3:お風呂は湯船につかる

 

お風呂に入るときは、41°くらいを目安にお湯を貯めて毎日体を温めることを意識してください。

 

血液やリンパの流れが滞り血行が悪くなると、むくみや冷えの原因になります。毎日お湯に浸かることで血行がグッと良くなり、むくみ解消や代謝アップが期待できるのです。

 

また、湯船に浸かって入浴をすることでリラックス効果があるともいわれており、良質な睡眠がとれます。

 

代謝アップや良い睡眠は、痩せやすい体をつくるために大切なポイントなので、毎日湯船に浸かり体を温めることが大切です。

 

4:ストレッチやマッサージを行う

 

起床後やお風呂上りなどに、ストレッチやマッサージを行ってさらに血行を良くしてあげましょう。

 

ストレッチやマッサージをして、固まった筋肉をほぐすことで基礎代謝を上げることができます。また、血行が良くなると、体の中の老廃物を排除するデトックス効果も期待できます。

 

隙間時間に行うだけで、代謝アップやむくみ解消などに繋がるので積極的に行いましょう。

 

5:鏡で自分の体をチェックする

 

毎日、朝や寝る前など時間を決めて、自分の体を鏡でチェックしてみてください。

 

太ったときは自分の体に目を背けてしまいがち…。あえて毎日自分の体をくまなくチェックすることで、「痩せよう」という意識が芽生え行動しやすくなります。

 

また、痩せ習慣や運動を続けて毎日自分の体をチェックしていると、自分が痩せてきていることに気づくときがくるはずです。

 

ダイエット中のモチベーションアップにも繋がるので、目を背けずに自分の体と向き合いましょう。

 

痩せ習慣を続かせるためにはどうしたらいい?

 

痩せ習慣を続かせるためには、無理をしないことが大切です。

 

「痩せなきゃ!」という気持ちが強すぎて、全ての痩せ習慣をこなそうとすると、体や心が疲れてしまい続かない原因に。

 

紹介したものを一気に始めるのではなく、自分のできそうなことを少しずつ続けていくようにしましょう。 

 

「今月は水を飲むことを習慣化させる」「来月はマッサージも取り入れてみる」など、無理せずコツコツ続けていくことで、痩せ習慣を継続させることができるでしょう。

 

まとめ

 

今回紹介した痩せ習慣は、水を意識して飲む、毎日湯船に浸かるなどどれも簡単なものばかり。

 

簡単ですが、続かない人も多くいます。運動にも共通することですが、大切なのは継続すること。コツコツ続けていけば必ず成果は現れるので、少しずつ自分のできることから始めてみましょう。

 

痩せ習慣を当たり前にすることで、痩せやすい最高の体をゲットすることができますよ。


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

プロテインは女性におすすめ!その効果と失敗しない選び方をプロがご紹介します

 

ダイエットやトレーニングなどを行っている人には聞きなじみがあるプロテイン。

 

プロテインは「男性が飲むもの」と思っているかたも多いですが、体型の美しさを維持したい人や、ダイエットをしている女性にもおすすめの商品です。

 

今回は、プロテインが女性におすすめの理由や、選ぶ際のポイント、プロテインを飲むタイミングなどをお伝えします。

 

これから購入しようか迷っているというかたは、ぜひ参考にしてみてください。

 

プロテインとは?

 

プロテインとは英語で「タンパク質」を意味します。タンパク質はお肉や魚、大豆製品などの食品に含まれている栄養素です。

 

人間の体には筋肉や髪の毛、骨や皮膚などさまざまな部分の栄養素としてタンパク質が必要です。タンパク質が不足すると筋力の衰え、髪のコシやハリがなくなるなど、体の不調が現れやすくなるでしょう。

 

だからこそ、毎日手軽にタンパク質を摂取できるプロテインが人気なのです。次に、プロテインがなぜ女性におすすめしたいのかをご紹介します。

 

女性にプロテインがおすすめの理由

 

タンパク質は髪や爪、皮膚を作るうえで大切な栄養素です。

 

プロテインでタンパク質を摂取することで、髪の毛にツヤやハリがでる、肌がキレイになるといった女性に嬉しいメリットがあります。

 

また、運動後にプロテインを飲むと筋力アップがしやすくなり、基礎代謝が上がる効果も期待できます。

 

基礎代謝が上がれば自然と太りにくく痩せやすい体へと変わっていくため、プロテインはダイエット中の女性の心強い味方になってくれるでしょう。

 

プロテインは太るって本当?

 

「プロテインは太るって聞いたから不安・・・」と思っているかたも多いですが、飲み方を間違えなければプロテインが太る要因にはなりません。

 

例えば、運動を全くせず「3食+間食+プロテイン」という飲み方をしていれば、エネルギーやカロリーを摂取しすぎているため太りやすくなるでしょう。

 

おやつや朝食をプロテインにするなど、食事や間食と置き換えることでカロリーを取り過ぎることなく必要な栄養素を摂取できます。

 

痩せたい場合や引き締めたいときは、運動とセットにプロテインを摂取すると効率よくダイエットが進められますよ。

 

プロテインを選ぶときのポイント

 

ここからは、女性がプロテインを選ぶ際に重視して欲しいポイントをご紹介します。購入時に失敗しないようにチェックしておきましょう。

 

ポイント1:目的に合わせて商品を選ぼう

 

プロテインを買うときは、目的を決めてから商品を選ぶことが大切です。これから紹介する3つの種類から、自分の目的に合うものを選びましょう。

 

1つ目は、牛乳が原料の「ホエイプロテイン」。低カロリーで吸収が早いため、筋トレや運動で筋肉をつけたいかたや、メリハリボディを目指したいかたにおすすめです。

 

2つ目も、1つ目と同じく牛乳が主成分の「カゼインプロテイン」。こちらは、脂質が少ないタイプなので脂質を控えたい女性にもおすすめですよ。

 

また、体内での吸収が遅いため、小腹が空いたときの対策にも活用できます。

 

最後に紹介するのは、大豆由来の植物性プロテイン「ソイプロテイン」。こちらもゆっくりと体に吸収されて、飲むと満腹感が持続するためダイエット中にピッタリです。

また、ソイプロテインの原料となっている大豆には、抗酸化作用があるイソフラボンやサポニンなどが入っているので、美容のサポートもしてくれますよ。

 

プロテインの種類によって期待できる効果が少しずつ違うため、プロテインを選ぶときは自分の目的に合うものを選択しましょう。

 

ポイント2:価格帯は続けやすいものを

 

ダイエット目的や美容・健康目的でプロテインを飲むときは、継続して摂取することが大切です。

 

毎日飲むものなので、価格はしっかり確認しておきたい部分。「高い商品のほうがなんとなく良さそう!」と価格だけで選んでしまうと、後々経済的に苦しくなってしまいます。

 

プロテインを選ぶときは、続けやすい価格帯のものを選択しましょう。

 

ポイント3:飲みやすい味を選択する

 

好きな味ではないものを購入してしまうと、飲み続けることが苦痛になる可能性があるため、プロテインの味は好みのものを選ぶことをおすすめします。

 

最近はチョコやストロベリーといった定番の味だけではなく、キャラメルラテ味やヨーグルト味などさまざまな種類が販売されています。

 

キャラメルラテやカフェラテなど甘い味のものを選択すると、オヤツ代わりにもなるのでおすすめですよ。

 

プロテインを飲むタイミングはいつ?

 

プロテインを飲むタイミングは、飲む目的によって少し変わります。プロテインの効果をしっかり出すためにも、目的に合ったタイミングで摂取するようにしましょう。

 

1.筋力アップには運動後30分以内

 

筋力アップを目指したいかたは、運動後30分以内にプロテインを飲みましょう。

 

筋トレなどで傷ついた筋繊維を修復・回復するためにタンパク質が必要となるため、吸収が早いホエイプロテインがおすすめです。

 

2.ダイエット中は間食代わりに

 

小腹が空いたときや、おやつを食べたくなったときにプロテインを摂取するようにしましょう。ソイプロテインやガゼインプロテインは、カロリーも低く満腹感も持続できるため、おやつ代わりにピッタリです。

 

3.栄養バランスを改善したいときは朝食にプラス!

 

朝起きたときは、体の中のタンパク質や水分などが不足している状態です。朝食のメニューにプロテインをプラスしてタンパク質を補うことで、効率よく必要な栄養素が吸収できます。

 

「朝は時間がなくて適当な食事になってしまう」というかたも多いはず。そんなときに手軽にタンパク質を補えるプロテインは、とても便利で健康的な体作りの手助けができますよ。

 

まとめ

 

プロテインには、筋肉をつくるのに欠かせないタンパク質が含まれているので、ダイエット中の女性や筋肉をつけてメリハリボディを目指したい女性にとってもおすすめ!

 

価格や味を意識しながら目的に合った商品を選べば、失敗しないプロテイン選びができるでしょう。

 

運動とセットにすれば、プロテインはダイエット中の女性の心強い味方になってくれます。上手にプロテインを摂取して、キレイな体作りや健康維持を目指しましょう。

 

運動を始めるのにおすすめな腹筋トレーニングをまとめた記事があるので併せてご覧ください。

【初心者向け】運動が苦手な人にこそやってもらいたい、腹筋を鍛えられるトレーニング!

 


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

【女性向け】自分に合ったパーソナルトレーニングジムの選び方を現役トレーナーが解説!

 

ダイエットをしたいかたや、短期間で痩せたいというかたに人気のパーソナルトレーニングジム。最近では、女性専用ジムや女性トレーナーのみのジムも増えています。

 

しかし、「通ってみたいけど、どこを選べばいいか分からない・・・」というかたも多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、パーソナルトレーニングジムを選ぶときのポイントや、トレーナーの選び方について一宮市のパーソナルジムに所属している現役トレーナーが解説します。

 

パーソナルトレーニングジムを選ぶときの3つのポイント

 

パーソナルトレーニングジムを選ぶときは、これから紹介する3つのポイントを意識してみましょう。

 

決して安い料金で始められるものではないので、ポイントを踏まえてしっかり見定めてくださいね。

 

ポイント1.通いやすい場所にあるか

 

パーソナルトレーニングジムが通いやすい場所にあるかは、事前にしっかりチェックしておきたいポイント。

 

ジムに通うのに時間がかかってしまうと、行くこと自体が億劫になってしまいます。痩せたり筋肉をつけるためには、定期的に通って筋トレや運動をすることが大切です。

 

自宅から徒歩圏内の場所にする、職場から近い場所にするなど、ジムを決める際には「通いやすさ」も重視してくださいね。

 

ポイント2.設備やアメニティをチェック

 

通いたいジムに、どのような設備やアメニティがあるのかを確認しておきましょう。

 

例えば、シャワールームやパウダールームがあるジムだと、トレーニング終わりに別の場所へ行くときも、汗を流してしっかりメイクをして外に出られるので魅力的です。

 

設備と同時に、シャンプーやボディーソープなどのアメニティの有無もチェックしておきましょう。タオルやウェアなどのレンタル品があると、洗濯物や荷物が減るので便利です。

 

また、パーソナルジムには、託児所やキッズスペースがある場所もあります。「周りの人に子どもを預けられない」というママでも、託児所やキッズスペースがあれば安心して通えますね。

 

ジム選びをするときは、自分が求める設備やアメニティを確認しておくことが大切です。

 

ポイント3.かかる費用を確認する

 

パーソナルトレーニングジムは、フィットネスジムやスポーツジムよりも費用が高いです。プランによって金額は異なりますが、入会金や月額などを合わせて2ヶ月で30万ほどかかるところも。

 

事前に確認しておかないと、続けるのが困難になる可能性があります。継続させていくためにも、自分の予算に合ったジムを選択しましょう。

 

また、ジムによっては途中解約で違約金がかかる場所もあるため、解約金なども事前に確認しておくことをおすすめします。

 

成功しやすいパーソナルトレーナーの選び方

 

パーソナルトレーニングジムを選ぶときは、トレーナー選びも重要です。トレーナーはダイエットやボディメイクを成功させるうえでも、大切な存在。

 

ジム自体に問題が無くても、トレーナーとの相性が合わないと通うのが辛くなってしまうので、しっかり確認しておきましょう。

 

1.資格を持っているか

 

教えてくれるトレーナーが、資格を保有しているかはチェックしておきたいポイント。トレーニングの基礎知識を持っているかたに教わるほうが、説得力もあり信頼できますよね。

 

パーソナルトレーナーとして働いているかたが取得している民間資格には、以下のものが多いでしょう。

 

・  NSCA-CPT、NSCA-CSCS(全米ストレングス&コンディショニング協会)

・  NESTA-PFT(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)

・  JATI-ATI(日本トレーニング指導者協会)

 

資格だけが全てではありませんが、HPにパーソナルトレーナーの紹介が乗っている場合はは、入会前に確認しておくことをおすすめします。

 

2.アドバイスや教え方が上手

 

トレーナーの教え方やアドバイスが的確かどうかは、ダイエットやボディメイクを成功させるうえで大切です。

 

無料体験などで、トレーナーの説明が分かりやすいかをチェックしておきましょう。教え方が悪いとトレーニングが上手くできず、せっかく通っているのに効果がでにくくなる可能性があります。

 

教えてくれることが的確に伝わっているか、アドバイスが参考になるかなど、自分にとって分かりやすい説明をしてくれるトレーナーを選ぶようにしましょう。

 

3.相性が合う人を選ぼう

 

パーソナルトレーニングは、1対1でトレーニングを行います。そのため、 トレーナーとの相性は重要な部分です。

 

トレーナーとうまくコミュニケーションが取れない場合、ジムに通うのが憂鬱になってしまったり、モチベーションが下がってしまう原因になります。

 

例えば、自分のペースで少しずつ進めたいのに、熱血的なトレーナーに鬼指導されてしまっては、通う気が失せてしまうでしょう。

 

反対に、ハードなトレーニングをしたいのに、ゆるいトレーニングを提案するトレーナーだと、理想通りのトレーニングができません。

 

トレーニングを続けていくためにも、自分の性格に合うトレーナーに担当してもらうことが大切です。少しでも教わっているときに違和感を覚えたときは、違うかたに指導してもらうようにしましょう。

 

自分にピッタリなジム選びをするために、実際に体験してみよう!

 

自分に合ったジムやトレーナーを見つけるためには、無料体験や有料体験をしているジムに行って実際に体験するのがおすすめです。

 

体験を受けるときは、以下の4つのポイントを意識するようにしましょう。

 

  1. 通いやすさ
  2. 設備やアメニティ
  3. かかる費用
  4. トレーナーとの相性

 

この4つを意識して実際に体験を受ければ、自分にピッタリなジム選びができるでしょう。

 

まとめ

 

自分にピッタリなパーソナルトレーニングジムを選ぶときは、通いやすさ・設備やアメニティ・費用などを事前にチェックしておくことが大切です。

 

ジムの設備だけではなく、トレーナーとの相性もトレーニングを進めていくうえで重要なポイント。ジム選びに迷ったときは、無料・有料体験ができるジムに足を運んでみましょう。

 

ジムの雰囲気やトレーナーとの相性を確認してから、入会するかを決めるのがおすすめですよ。

 

パーソナルジムに実際に通う際に気になる、期間や頻度について下記の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

パーソナルジムに通う期間は?1週間のトレーニング頻度についても解説します!

 


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン

トレーニングのバリエーションとは?パーソナルジムに行かなくてもマンネリ解消できる?!

日々トレーニングに勤しんでいる方々の中には、毎日同じトレーニングばかりで少しマンネリ気味になってきているという方もいるのではないでしょうか?

 

トレーニングは継続し続けるのが大切ですが、トレーニングに飽きが来てしまうとモチベーションも上がらないので、継続するのも難しくなってきてしまいますよね。

 

トレーニングのマンネリを解消するために、パーソナルジムに通うという人も居ますが決して安い金額では無いので手を出しづらいですよね、、、

 

そこで今回は、トレーニングのマンネリを解消するために現役パーソナルトレーナーの僕が、トレーニングのバリエーションの増やし方についてご紹介していきたいと思います。

 

「毎日同じような筋トレばかりでモチベーションが上がらない…」という方は、是非最後まで読んでみてください。

 

トレーニングのバリエーションの増やし方

 

それでは、早速トレーニングのバリエーションの増やし方について解説していきます。

 

回数を増やしてみる

 

1つ目の方法は、単純にトレーニングの回数やセット数を普段よりも増やしてみるというものです。

 

同じトレーニングだったとしても、回数が増えればその分筋肉への負荷は多くなります。そのため、いつものトレーニングとはまた違った手応えを感じることが出来ます。

 

加えて、いつもより多くの回数をこなせたというのは達成感を感じることも出来るのでモチベーションの上昇にも繋がります。

 

いつものトレーニングに飽きてしまったというのは、言い換えればより高い負荷にチャレンジするタイミングが来たというサインかも知れません。あなたも是非、回数を増やして少しハードなトレーニングに挑戦してみてください。

 

 

重量を増やしてみる

 

次にご紹介する方法は、重量を増やしてみるということです。

 

こちらは器具を使ったトレーニングをしている方にオススメの方法です。

 

「普段の重量に慣れてしまって刺激が足りない…」という場合は、いつもよりも重い重量を扱ってみるのがいいでしょう。筋肉にいつも以上の負荷がかかるため、やり応えを感じることが出来ます。

 

また、先にご紹介した回数を増やすのと同じく、より重い重量でトレーニングを行うことで達成感を感じることができ、モチベーションが上がるというのもメリットです。

 

ただし、いきなり重量を上げ過ぎてしまうと怪我や事故の原因になるリスクがありますので注意しましょう。少しずつ重量を増やし、安全にトレーニングを行うのが大事です。

 

また、重量を増やすだけではなく、重量を少し減らす代わりに回数を増やすなど様々な工夫をしてみるのもいいでしょう。

 

 

フォームを見直してみる

 

3つ目にご紹介する方法はトレーニング時のフォームを見直してみるということです。

 

普段からやり慣れているトレーニングというのは、もしかしたらフォームが崩れてしまっていて筋肉に正しく負荷がかかっていない可能性もあります。そのため、今一度基本に立ち返ってフォームを見直してみるのも大事です。

 

「フォームを正してみたらいつものトレーニングよりも負荷がキツくなった!」ということも少なくありません。

 

普段のトレーニングに物足りなさを感じてきたら、一旦正しいフォームでトレーニング出来ているか見直してみるのもいいでしょう。

 

 

器具を使ってみる

 

4つ目の方法は、器具を活用してみるということです。こちらは普段自重トレーニングを中心に行っているという方にオススメです。

 

例えばスクワットをする際、バーベルなどを担いで行ってみるのもいいでしょう。自重トレーニングの時では感じることが出来なかったような負荷を受けることが出来るので、トレーニングのマンネリ感を打破することが出来ると思います。

 

また、器具を使うことでトレーニング中の体のバランスのとり方なども変わってくるため、結果的にいつもとは違った筋肉を鍛えることにもなります。自重トレーニングに飽きてきたという方は、是非器具を取り入れたトレーニングに挑戦してみてください。

 

 

負荷がかかっている時間を伸ばす

 

5つ目の方法は、負荷がかかっている時間を伸ばすというものです。

 

これはどういうことかと言うと、例えばいつもよりもゆっくりと動いたり、筋肉に負荷が一番かかるタイミングで1~2秒ほど体を止めたりすることを指します。

 

ゆっくりとした動作でトレーニングを行うことによって、同じ1回の動きでもより多くの負荷を筋肉にかけることが出来ます。

 

また、一番負荷がかかるタイミングで数秒ストップするのも同様に筋肉への負荷を増やすことが出来るので、いつもと同じトレーニングメニューでもより筋肉を強く鍛えることが可能です。是非試してみてください。

まとめ

 

以上、パーソナルジムに行かずにマンネリ解消する方法でした!

 

筋トレは毎日の継続が大事ですが、マンネリ化してしまってやる気が起きない状態では効果的なトレーニングを行うのは難しいですよね。

 

重量や回数を増やしてみたり、トレーニングのやり方を見直してみたりなど、意外とトレーニングのバリエーションの変え方は豊富にあります。

 

あなたも是非、今回ご紹介した方法を試してみてください。

 

ご紹介した方法でも難しい場合は、パーソナルジムでトレーナーに教えてもらうなど他人を頼るのも検討してみてください。


カロリートレードジャパン一宮店のHPでは、この記事以外にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しております。

興味のある方は他の記事も是非ご覧になってください。

一宮市パーソナルジム|カロリートレードジャパン